セブンのバスクチーズケーキの感想!新発売で味わいが変わった件 | 干物女やめました
カフェとスイーツ

セブンのバスクチーズケーキの感想!新発売で味わいが変わった件


セブン バスクチーズケーキ

前回の発売ではかなりの人気を博したセブンイレブンのバスクチーズケーキ「BASQUE」。

そのバスクが「セブン史上最高においしいチーズケーキ」としてリニューアルして帰ってくるということで新発売のバスクチーズケーキをさっそく食べてみました!

味の感想や以前のバスクとの違いを書いておきますね~

スポンサーリンク

セブンのバスクチーズケーキを食べてみた

セブンの人気スイーツのあいつがリニューアルして帰ってくる!!

とちょっと前から話題になっていました。

そう、バスクチーズケーキの「BASQUE」です。

「セブン史上最高においしいチーズケーキ」と大々的に銘打ったこのチーズケーキ。

リニューアル商品では

『フランス産のクリームチーズに北海道産の生クリーム、牛乳、こだわり卵の「エグロワイヤル」を使ったとろけるようななめらかな食感』

と宣伝文句からしてやたらと期待をそそられてしまいます。

というわけで、発売早々にさっそくセブンイレブンへ走りましたw

で、手に入れたのがこちら↓

セブン バスクチーズケーキ

も、もしや売り切れているのでは!?

と焦って買いに行ったのですが、以前売られていた時の人気商品だからか店頭にはこれでもかというほどたっぷりバスクが並べられていました。

なので、余裕でゲット♪

袋から出してみるとこんな感じ↓

セブン バスクチーズケーキ

リニューアルされたバスクの大きさは直径は6cm。

手にしたときのちょっとずしっとした重みがさらに期待を膨らませてくれます。

バスクチーズケーキと言うわりにはあまり焼かれていない感じがセブンのバスクの特徴です。

セブン バスクチーズケーキ

厚みは約2.8cm。

セブン バスクチーズケーキ

まわりの紙を剥がしても崩れることなくしっかりとしています。

半分に切ってみるとこんな感じ↓

セブン バスクチーズケーキ

見た目にもしっとりとした質感がいよいよたまりません!

ナイフを入れるとずしっとした感触で中身がギュッと詰まっているのが伝わってきます。

これは期待が膨らむ♪

(o´艸`)ムフフ

さっそく一口いただいてみる。

バスクを口に入れたコクのある濃厚な香がふわっと口いっぱいに広がります!

(*´Д`)ウマー

ナイフを刺した時の感触どおり中身がギュッと詰まった感じで、舌の上でねとっととろける。

うん、おいしい。

チーズケーキがゆっくりとけていく感じがします。

コーヒーにもよくあう♪

でもセブンのバスクチーズケーキは甘すぎないのが良いところ。

口に入れた瞬間の濃厚さとは裏腹に後味はあっさりすっきりしているのでとても食べやすいです。

1つならペロッと食べられるし2つ3つもいけそうなくらい♪

あと、セブンのバスクはチーズケーキ独特の酸味は控えめで、クリーム感のある優しい味わいです。

同じバスクチーズケーキでもローソンのバスチーに比べるとセブンのバスクはすごく食べやすい。

好みにもよりますが、甘すぎるのが苦手な人にはセブンのバスクチーズケーキがおすすめです。

スポンサーリンク

新商品バスクとリニューアル前の違い

リニューアルして新発売されたセブンのバスクは本当にものすごく食べやすいです。

私はこの感じも好きだな~

と思うのですが、もしかしたらリニューアル前のバスクチーズケーキに比べるとちょっともの足りないと感じる人もいるかもしれません。

というのも、新しいバスクは以前のバスクに比べるとねっとりとした食感が薄らいだ気がします。

あと、以前のバスクはちょっとプリンのような卵の風味があったんですけどそれも弱くなっているような・・・

そのおかげで新しいバスクはコクはあるけど後味すっきりあっさりな味わいになっていてすごく食べやすいんです。

けど・・・

なんていうか、新発売のセブンのバスクは

おいしいふつうのベイクドチーズケーキ
という気がしなくもない。

いや、すごく食べやすいし、これはこれでおいしいんですけどね。

でも、バスクチーズケーキ特有の濃厚さとかしっかりと焼いたカラメルの感じとか、そういうのが新商品のセブンのバスクにはないんですよね。

バスクチーズケーキって焼きすぎチーズケーキでしょ?ねっとり甘い味わいとほろ苦のカラメル風味が特徴でしょう?

そう思って食べるとセブンのバスクはちょっと期待してる味と違います。

新発売されたバスクのカロリーを見てみると1食あたり338kcalと以前のバスクよりもカロリーも控えめになってます。

材料の比率が変わってやっぱり何か濃厚な要素が減ってしまったのだろうか。

なので、濃厚でねっとりした甘さが好きな人には旧商品のバスクほうが好みだったかもしれません。

リニューアルしたセブンバスクチーズケーキまとめ

というわけで、セブンの新しいバスクチーズケーキは濃厚な風味が漂うおいしいベイクドチーズケーキといった味わいです。

後味すっきりでとても食べやすいので甘すぎるスイーツが苦手な人にはすごく良いと思うし、これはこれでおいしいスイーツです。

一方で、濃厚でねっとりした甘さやコクが大好きな人や、いわゆる“バスク風チーズケーキ”を食べたいなと思っている人にはちょっともの足りなく感じる味わいかもしれません。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報