窓の寒さ対策にプチプチを貼ってみた!断熱シートと梱包用の違いは? | 干物女やめました
生活のこと

窓の寒さ対策にプチプチを貼ってみた!断熱シートと梱包用の違いは?


窓 寒さ対策 プチプチ

冬の寒さ対策で窓にプチプチを貼ってみました!

実際にプチプチを貼ってみて感じた効果やデメリット、プチプチの貼り方

で私が悩んだのがこれです。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策のプチプチの効果は?

以前、木造アパートに住んでいたんですけど

冬になると窓からの冷気がとにかく寒かったんですよ。

部屋の暖房は備え付けのエアコンだけ。

でも設定温度を上げて

暖房をガンガンにしても寒い!!

((゚Д゚ll))ガタガタ

そこで

貼るだけで窓の寒さ対策ができる!と話題の

窓にプチプチを貼る方法を試してみました。

っていうか、

「そもそもなんでプチプチを貼るだけで

窓の冷気が遮断できるんだ?」

と当時の私は疑問に思ってたんですが、

これは

窓(屋外)と部屋の間に空気の層をつくることで

空気の熱が伝わりにくくなるからです。

外の冷たい空気は部屋に入りにくく

室内の暖かい空気は外に逃げにくい

ということ。

で、

寒さ対策で窓にプチプチを貼ってみて

実際どうだったか?というと

効果のところから言ってしまうと

窓にプチプチを貼った効果は

あったような気がする!

窓のプチプチは効果なし!って言う人もいるし

これはほんと感覚的なものなんですが

私は窓際から流れてくる

冷っとした空気を多少抑えられたように感じます。

ただ、

実際に窓にプチプチを貼ってみて

デメリットも結構あるなと感じました。

私が感じた

窓にプチプチを貼るデメリットがこのあたり

  • 見た目が悪い
  • 外が見えない
  • 結露が発生するけど拭けない

まぁプチプチのせいで外が見えないのは

やる前からわかってることなんで

仕方ないんですけど

見た目の悪さはね・・・

なんか貧乏感がでるんですよw

あまり人には見られたくない感じ。

結露はどうしようもないので

カビが生えないようにプチプチを貼る時に

注意します(後ほど書きますね)

というわけで、

このあたり気にならなければ

窓の寒さ対策にプチプチは試してみてもいいかと。

そこで、

実際に窓にプチプチを試す時の

ポイントを書いておきますね。

寒さ対策の窓のプチプチの貼り方は?

まず、

窓の寒さ対策で使うプチプチには

大きく分けて種類が2つあります。

まずは

寒さ対策で窓に使うための

断熱シートとして売られているプチプチ

こういう窓用のプチプチ商品は

片面がシールになっていたり

水をつけると粘着力が出る糊がついています。

なので

窓の断熱シートのプチプチの貼り方は

本当にそのまま窓ガラスに貼るだけです。

で、もう1つが

梱包用のプチプチ

こちらは窓用ではないので

自分で工夫して貼り付けないといけません。

窓に梱包用のプチプチを貼る方法は

いくつかあります。

窓へのプチプチの貼り方①両面テープ

簡単なのは幅の広い両面テープで

窓ガラスに貼り付けること。

一番手っ取り早いし

表側にテープが見えないので

見た目も多少よくできます。

ただ、両面テープで貼ると

プチプチを剥がす時に

跡が残ることがあるんですよね。

糊の跡が気になる時は

窓にまずマスキングテープを貼って

その上に両面テープを使うといいですよ。

窓へのプチプチの貼り方②養生テープ

糊の跡は残したくないけど

マスキングテープを貼るのが面倒

という時は養生テープが便利です。

養生テープは粘着力が弱めなので

窓やサッシに貼っても跡が残りません。

ただ、

見た目はあんまりよくないですね。

貧乏感たっぷりになるw

ちなみに、

セロハンテープも粘着力は弱めなんですが

弱すぎて結露の水滴でプチプチが

剥がれる事があります。

寒さ対策の窓のプチプチの効果的な貼り方

あと、

これは断熱シートでも梱包用でも同じなんですが

断熱シートをどうやって貼るかでも

寒さ対策の効果が違ってきます。

プチプチは窓のサッシにも貼る

窓の寒さ対策ではガラス面に注目しがちなんですが

窓ガラスの周りにあるサッシ部分もかなり冷えます。

なので、

窓ガラスだけでなく

窓サッシにもプチプチを貼った方が

断熱効果は上がります。

プチプチの出っ張りを外向きにする

窓にプチプチを貼る時の向きもポイント。

はじめに書いたように

プチプチは窓と部屋の間に

空気の層を作ることで寒さ対策をします。

なので、

プチプチのでっぱりがある側が

窓につくようにして外向きに貼ると

寒さ対策により効果があります。

プチプチを数枚重ねる

ふだん開けない窓や、

2枚の窓ガラスの右側(開閉で動かす方)など

窓の開け閉めに支障がない窓には

プチプチを2~3枚重ねて貼るのも効果的です。

そうすることで

より厚い空気の層を作れます。

窓にプチプチを貼る時のカビ予防

寒さ対策の窓のプチプチには結露がつきもの。

プチプチの中の空気と

屋外の空気に温度差があるので

どうしても結露は起こっちゃうんですよね。

でもプチプチを貼っていると

窓を拭くことができない・・・

そんな状況で心配なのが

窓のプチプチのせいでカビが生えること。

カビを発生させないための予防法はというと

プチプチを貼る前に窓を掃除する!

これくらいしかないです。

窓に汚れや雑菌が残っていると

結露の水分が加わることで

カビが増えてしまいます。

そこで、

汚れやカビ菌をきっちり落としておくのがポイント。

カビキラーのようなカビ用洗剤で掃除したり

アルコール除菌するという手があります。

スポンサーリンク

窓の断熱シートのプチプチと梱包用の違いは?

私が窓の寒さ対策でプチプチを試す時に

もう1つ疑問に思ったのが

窓用断熱シートのプチプチと

梱包用のプチプチの違いです。

というのも、

見た目は大して変わらないものが多いのに

プチプチの値段が全然違うんですよ。

断熱シートには糊がついているとはいえ

接着剤だけでそんなに変わるのかな?と。

例えばこれ

窓の断熱シートとして売られているプチプチは

90×180cmでこの価格。

一方、

梱包用のプチプチで安い物だと

60cm×42mでこの値段

全然違う!!

さらに

窓の断熱プチプチは100均でも売られてます。

ダイソーやセリアなどにいくと

「窓用バブルシート」とかおしゃれな名前で

120×120cmのプチプチが1枚100円です。

で、

その点について比較してみると

物にもよりますが

実は地味に違いがありました。

プチプチのクッションの厚さ

まずわかりやすいのがプチプチの厚み。

安いプチプチは1つのクッションが3~4mmなのに対して

高いプチプチはクッションが7mmと大きいです。

プチプチでの寒さ対策では

空気の層を作ることがポイントなので

空気包が大きければそれだけ効果的ということになります。

プチプチの両面にシートがついている

ふつうプチプチって

片側が平らなシート状で

もう片側はプチプチの凸凹じゃないですか。

でも、

値段の高いプチプチの中には

でこぼこの面にもシートを貼ってるものがあります。

プチプチを両側から挟むことで

クッションのまわりにも空気層を作ってるんです。

プチプチに特殊加工がされている

梱包用のプチプチはふつう

長い期間、日に当たることはないので

紫外線に当たるとダメになりやすいです。

そのため、

窓にプチプチを貼って1年以上放置すると

プチプチが劣化してボロボロに破けたり

剥がれにくくなるなんてことがあります。

そうならないように

プチプチに特殊なコーティングをした

建築資材に使われるようなプチプチもあります。

あと、

プチプチにアルミをつけることで

遮光性や保温・保冷効果に優れたプチプチもあります

糊の違いだけというプチプチもある

優れたプチプチがある一方で中には本当に

糊がついてるかついてないかの違いだけで

プチプチ自体は梱包用と全く同じ

というプチプチ商品もあります。

ただ、

窓用のプチプチの接着剤は

剥がしても窓に跡が残らないなど

特殊な加工がされているものもあります。

柄の描かれたプチプチ

あとプチプチに変わりはないんですが

窓用のプチプチにはおしゃれを意識したものがあります

窓のプチプチの効果まとめ

寒さ対策で窓にプチプチを貼ると

どうしても見た目はイマイチになるんですが

窓からの冷気を抑える効果は

私は感じられる気がしました。

もし、一度試してみたい、ということであれば

まずは梱包用のプチプチのほうが

コストをかなり安く抑えられますよ。

あと、

窓によってはプチプチを貼ると

窓ガラスが割れる可能性があるので

気をつけてください!

詳しくはこちらに書いてます

プチプチ以外の窓の寒さ対策はこちら

()

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報