新千歳空港からお土産を郵送する方法!料金は?送料無料の店はある? | 干物女やめました
北海道

新千歳空港からお土産を郵送する方法!料金は?送料無料の店はある?


新千歳空港のお土産の郵送

北海道はおいしいものが多いのでついついお土産を買いすぎちゃったりしますよね~

あれも食べたい、これも食べたい、と買っているうちに気が付くとお土産だけでものすごい荷物になっていたり。

たくさんのお土産を持って歩くのは大変だし、狭い機内に持ち込むとかさ張る・・・

そんな時のために新千歳空港のお土産の郵送の方法や送料を安くするコツなど私が気をつけてることなどを書いておきますね。

スポンサーリンク

PICK UP

▼札幌へのアクセスや欠航時の対処法、無料電源スポットなど▼
新千歳空港を楽しむ情報まとめ!はじめてでも安心ガイド

新千歳空港にお土産送料無料のお店はある?

まず気になるのが、新千歳空港のお土産屋さんで送料無料のお店があるのか?ってことですよね。

うーんこれはどうなんでしょう、私も新千歳空港の全部のお店をまわったわけじゃないので絶対とは言い切れないんですが、今のところ

送料無料というお店は見たことないです。

で、もし新千歳空港にお土産送料無料のお店があったとしてもたぶん1万円以上買わないと送料無料にはならないんじゃないかと思います。

というのも、私が利用したことある新千歳空港のお土産屋さんでは

5,000円以上の買い物で送料値引きだったからです。

そのお土産屋さんでは5,000円以上の買い物をすると送料が40~50%引きくらいになるというサービスをやっていました。

その時は140サイズのクール便だったんですが、ふつう東京まで送るのに送料が2,700円ほどかかるところ値引きが入って1,250円くらまで下がりました。

クール便はプラス料金がかかるので特にお得ですね。

新千歳空港からお土産を郵送する方法

お土産店で郵送してもらう

そんな感じで、新千歳空港からお土産を郵送しようと思ったらまずはお土産屋さんごとに発送をお願いすることができます。

郵送方法はお土産屋さんによってまちまちで、ヤマトとか佐川とかゆうパックなどを使ってふつうに宅急便として送ります。

おみやげ屋さんで郵送を頼む場合は基本的にそのお店で買ったもののみを1つの箱にまとめて送ります。

なので、同じお店で大量に買い物しないといけないというのがネックです。

新千歳空港の宅配サービスを利用する

新千歳空港には宅配サービスを請け負うカウンターが設置されています。

「手荷物一時預り・宅配・ポーターサービス」という案内が出ているカウンターで、ヤマト、日通航空便、佐川急便、佐川航空、ゆうパックなどが利用できます。

【営業時間】

  • 国内線ターミナルビル1F
  • 7:00~20:00
    TEL:0123-46-5429

  • 国内線ターミナルビル2F
  • 7:30~20:00
    TEL:0123-46-2145

  • 国際線ターミナルビル2F
  • [月火木土]7:30~19:00
    [水金日]7:30~20:00
    TEL:0123-46-2146

  • 国際線ターミナルビル3F
  • [月火木土]7:30~19:00
    [水金日]7:30~20:00
    TEL:0123-46-2104

※クール便は7:00-18:00の受付です!

宅配カウンターはあっちこっちのお土産売り場で買い物をした時に荷物を1つにまとめられるので便利です。

新千歳空港の宅配カウンターではダンボールも売ってます。

一番大きい箱は120cmサイズのダンボールで360円、それより小さいダンボールは200円台です。

120サイズというのは縦、横、奥行きの3辺の合計が120cmになる箱のことです。

常温保存の品と冷蔵保存の品は同じ箱に梱包できますが、冷凍保存の品は冷凍の荷物だけでまとめて梱包しないといけません。

箱をとめるテープなんかも発送カウンターにあるものを使わせてもらえます。

その場で伝票を書いて送料を払えば手続き完了です。

新千歳空港の国内線ターミナル2Fの宅配カウンターはお土産売り場の前にあるので時間帯によっては少し混んでいることもあります。

1Fのカウンターはお土産売り場から離れているのでわりと空いてますよ。

スポンサーリンク

新千歳空港からの宅配便の料金

気になる送料なんですが、新千歳空港から東京にお土産を送るとなると確実に送料だけで1,000円は越えます。

一番小さい60サイズの箱で送ったとしても1,300円くらい、140サイズの箱だと送料だけで2,000円くらいかかってしまいます。

さらにクール便だと+300~600円くらいかかります。

荷物を減らせるのはありがたいですけど、送料だけで2,000円となるとちょっと痛手・・・

そのお金があれば空港のレストランでおいしいご飯が食べられちゃいますからね。

新千歳空港でお土産の送料を安くするコツ

そこで、私がお土産の輸送の送料を安くするためにしている工夫がこれです。

郵送するお土産を厳選する

まずはなんといってもこれ、宅配便で送るお土産を減らすのが一番です。

私は常温で持ち運べる物はできるだけ自分で運んで、冷蔵や冷凍保存のものだけ郵送で送るようにしています。

ちなみに、海産物やスイーツなど冷蔵のものを買うとお店で保冷剤をつけてくれるので季節にもよりますが3~4時間くらいは持ち運べます。

新千歳空港から東京の自宅にまっすぐ帰るなら余裕です。

チェックイン前にお土産を買う

次に新千歳空港でお土産を買う時はチェックインをする前に買い物をするようにします。

トランクを預ける前に買い物をしてできるだけトランクにお土産を詰めたいからです。

お土産は手さげ袋で持ち歩くと重たいし、狭い機内だとすごくかさ張ってじゃまになります。

でも、コロコロローラーのついたスーツケースだったら引っぱるだけなのでそれほど重さも感じないです。

大きな荷物は搭乗前に預けちゃうので機内でも身軽です。

それに、保安検査場を通る前のほうがお土産屋さんも多いので買えるお土産も豊富ですしね。

海産物はお店で郵送

カニ、ウニ、イクラといったちょっと値のはるお土産を買うような時はお土産屋さんの郵送サービスを利用します。

カニはもちろん、ウニとかイクラも小さい割りにいいお値段なのでいくつか買うと5,000円なんてあっという間にこえちゃいます。

新千歳空港では生の海産物が買える店は数店しかないのでどこかのお店でまとめて買うと合計金額が高くなって送料が値引きになったりしますよ。

札幌でお土産を買う

あと、私が札幌に住んでるときにやっていた海産物を割安で東京に送りたい時の裏技があります。

それが、新千歳空港じゃなく札幌のお店で買い物することです。

空港の生鮮食品は輸送代とか管理にコストがかかるし明らかに観光客向けなので値段がちょっと割高なんですよね。

なので、札幌の市街地にあるお店のほうが商品の値段がちょっと安くなるということがあります。

ただ、札幌でも札幌場外市場とか二条市場は観光客向けなのでやっぱりちょっと割高です。

じゃあどこで買うかというと、札幌で買い物するならデパートや駅ビルに入っているお店が狙い目!

こういったお店も観光客はターゲットにしてますが、一方で地元の人も買い物するお店でもあります。

なので、物によっては新千歳空港のお店より安く買えることがあります。

東京までの送料は変わらないですが買い物自体を安くできるのでお得です。

もし観光で札幌に行く時にこの手を使うのであれば、値段を見比べられるように行きに新千歳空港に着いたときに海産物の値段をざっとチェックしておくのがポイントです。

ネットでお土産を買う

あと、北海道のお土産といえばやっぱりお菓子ですよね。

人気のスイーツとかばら撒き用のお菓子とかなんだかんだお菓子の大量買いをすることも多いです。

そんな時に活用したいのがネットショップ!

そう、北海道のお土産ですが、北海道では買いませんw

だって荷物になるから!

お菓子の場合、どこで買っても味は同じだし、値段もたいして変わりません。

むしろお土産売り場よりネットで買ったほうが安いことがあるくらいです。

さらにネットショップだと送料無料のお店もあります。

なので、北海道みやげのばら撒き菓子の定番のじゃがポックルや

白い恋人

こういうのはネットで買ったほうが安いし荷物が減って楽です。

あと、ルタオのチーズケーキとか冷蔵保存で品質管理が面倒なスイーツもネットで買ったほうが楽だし、持ち運びで形が崩れることもなくおいしい状態で届きます

新千歳空港のお土産の郵送まとめ

旅の終りで疲れきってお土産を持ち運びたくない!という時には宅急便は本当に便利です。

ただ、お土産の量が多いと新千歳からの送料はバカになりません。

持ち帰るものを厳選したり、どこで買うか考えたり、いろいろ工夫すると余計なお金を使わずにすむのでもう一食おいしいご飯が食べられますw

関連記事

新千歳空港のお土産店についてはこちら↓
新千歳空港お土産売り場の営業時間は?朝早くや夜遅くに買える店

お土産にぴったりの北海道ならではの絶品スイーツについてはこちらも参考にどうぞ↓
新千歳空港で買えるチーズスイーツのおすすめ5選!

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報