パンプスでストッキングが滑る!前滑り防止する応急処置4つ | 干物女やめました
仕事のこと

パンプスでストッキングが滑る!前滑り防止する応急処置4つ


パンプス前滑り応急処置

パンプスを履く時にストッキングだと足が前にすべってめちゃくちゃ痛いですよね><

通勤で毎日パンプスを履いていると指がギュッとなって本当に痛いし、パンプスでの立ち仕事だと足が疲れて本当に辛い・・・

そンな時に、パンプスとストッキングが滑るのを防ぐために私が試して効果があった方法がこれです。

スポンサーリンク

PICK UP

▼その他のパンプスの悩みついて▼
パンプスが臭い!痛い!パンプスの悩みまとめ【体験談あり】

パンプスで前滑りする原因

まず、パンプスで足が前すべりするのを防ぐにはその原因を知ることが大事です。

ストッキングでパンプスを履くと前滑りする原因は大きく分けると2つあります。

ストッキングがすべる

これはもう考えなくてもわかることですが、ストッキングはツルツルしてるのですべりがよくなります。

パンプスの中もツルツルさらさらしてるものが多いのでツルツルどうしが一緒になったら滑りますよね。

素足でパンプスを履いても滑らないのにストッキングだと滑るのはそのせいです。

パンプスのサイズが大きい

パンプスの中で足が前滑りするもう1つの原因がパンプスが大きすぎることです。

サイズがあっていない大きいパンプスを履いているとパンプスのつま先部分に余分なスペースができてしまいます。

パンプスはヒールが高く、つま先よりかかとのほうが高くなるので自然と前重心になりがち。

なので、パンプスを履いているとどうしても足は前の空いたスペースに滑っていってしまいます。

で、「パンプスのサイズがほんのわずかに大きい」くらいなら前すべりの応急処置でなんとかなります。

でも、歩くとパンプスが脱げてしまうくらいサイズがあっていない場合は前すべりの対策だけでは効果がでないことがあります。

そういう時はこちらもあわせて参考にしてみてください

パンプスが脱げるのを応急処置で改善!パカパカしない5つの方法

スポンサーリンク

パンプスでストッキングが滑るときの応急処置4つ

シリコン中敷き

パンプスでストッキングがすべる時の対策で一番有名なのが

つま先に貼るシリコン製のインソールです

靴の前のほうにシリコンのジェル中敷を置くことで滑り止めになり、足が前にすべるのを止めてくれます。

パンプスはヒールが高く足が前に滑り落ちやすいのでパンプスの中で足が踏ん張れるつま先部分に貼るタイプが私は一番すべり止め効果を感じられました。

その他に土踏まずやかかと、足裏全体に貼るタイプもありますよ

こちらは偏平足のサポートアイテムなんですが、シリコン製なので滑り止め効果もあります

シリコン中敷は種類がたくさん売られていて厚さもいろいろあります。

厚いものだとその分靴の中のスペースが狭くなるので自分の靴と足にあわせて選ぶのがポイントです。

よくわからないという時はいつも履くパンプスとストッキングで百貨店の靴売り場などに行ってサンプルを試してみるのがいいですよ。

ジェルマット

あと、シリコン中敷がない時に手っ取り早くパンプスの前すべりの応急処置をしたいという時に使えるのが

耐震用のジェルマットです

地震がきた時に家具や家電が倒れないように対策するグッズですが、耐震用のジェルマットもシリコン製のものが多いので滑り止めの効果は抜群です。

ちなみに耐震マットを使ったパンプスの前滑りの応急処置は以前、NHKのためしてガッテンでも紹介されていました!

貼る場所は耐震用ゲルマットの場合はかかとの前から土踏まずにかけてくらいの場所がおすすめです。

靴の形やヒールの高さによって貼る場所を変えるのもポイント!

貼る場所によって滑り止め効果がかなり変わってきます。

あと、耐震用ジェルマットはふつう家具の下など見えないところに貼るので色とりどりなんですが、靴の中に貼る時は無色透明タイプがおすすめです。

緑とか青のものだと靴を脱いだ時に丸見えで恥ずかしい。

ちなみに、耐震用ジェルマットは100均でも買えます。

すべり止めパット

足のほうに対策するならストッキングの上から足の前部分にかぶせて履く滑り止めパットというのがあります。

私が試したのは

「HototoroShop 前すべり防止 靴すべり止め パット レディース シューズ ハイヒール ミュール パンプス サンダル 1足分2個入り ストッキングタイプ ベージュ」

という商品です。

パットに滑り止めがついているのでパンプスの中で足が前すべりしにくくなって歩きやすいです。

パットが柔らかくて弾力性もあるので靴底や中敷が固くて足が痛い靴だと衝撃が和らいで足が楽です。

このパットを使っているとストッキングに穴が空いたり伝染する回数も減った気がします。

ただ、シリコン中敷よりは薄い感じですがやっぱり厚みがあるのでサイズぴったりのパンプスだと靴がきつく感じます。

あとこう部分の開きが大きいとパンプスからはみ出て見えちゃうのでカッコ悪い!

パンプスのデザインによっては使えないので気をつけてください。

滑り止め付きストッキング

パンプスのサイズがぴったりで余計なものを入れられない!という時は

ストッキング自体に滑り止めがついたものがおすすめです

ノンスリップストッキングなんて呼ばれるアイテムで、その名のとおりストッキングの足裏部分に滑り止めがついています。

見た目は正直あんまりオシャレじゃない。

けど、ストッキングを履いた足裏を人に見られることってそうそうないので履いてしまえばそんなに気にしなくても大丈夫です。

シリコン中敷なんかに比べると滑り止めの威力は落ちますが、ふつうのストッキングに比べたらかなり歩きやすい!

滑り止めつきのストッキングはそんなに種類は見かけないんですが、アツギとかグンゼ、福助などストッキングの有名メーカーから出てます。

パンプスの前すべりの応急処置まとめ

この中でどれか1つ試すなら私のおすすめは断然、シリコン中敷きです。

さらに滑り止めつきストッキングをあわせればパンプスの前すべりをかなり改善できます。

最初はあれこれそろえるのにちょっとお金がかかっちゃうなぁと思ったんですが、私は仕事で毎日パンプスを履いてたのでちゃんと対策することにしました。

結果、歩きやすさや足の痛さが全然違って、対策して良かったなと思いましたよ~

関連記事

パンプスが脱げる!などその他のパンプスの悩みついてはこちら
パンプスが臭い!痛い!パンプスの悩みまとめ【体験談あり】

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報