パンプスが脱げるのを応急処置で改善!パカパカしない5つの方法 | 干物女やめました
仕事のこと

パンプスが脱げるのを応急処置で改善!パカパカしない5つの方法


パンプスが脱げる時の応急処置

新しいパンプスを履いて出かけてみたら足にあわなくてパンプスが脱げてしまうってことありますよね。

パンプスはサイズがあわないとパカパカして見た目が格好悪いし、そもそもうまく歩けなくて仕事にならない!

そんな時に私が試したパンプスが脱げないようにする簡単な応急処置の方法がこれです。

実際に試してみた感想も書いておきますね。

スポンサーリンク

PICK UP

▼その他のパンプスの悩みついて▼
パンプスが臭い!痛い!パンプスの悩みまとめ【体験談あり】

パンプスのつま先に詰め物をする

パンプスが脱げるのをティッシュで防ぐ

パンプスが脱げちゃう原因はパンプスのサイズがあっていないということがほとんど。

なのでパンプスが脱げないようにするにはとにかく足とパンプスの隙間を埋めてあげるのが大事です。

で、パンプスが1センチ大きいなどかなり隙間ができてしまっている時はパンプスのつま先部分に詰め物をするのが効果的です。

パンプスのつま先に詰めるのに向いている物はいろいろありますが、出先で「すぐに何とかしたい!」という時に便利なのがティッシュです。

ポケットティッシュを袋から出して丸めてパンプスのつま先に押し込みます。

ぶかぶかのパンプスにティッシュを詰めた直後は

うひょー!歩きやすい!
(゚∀゚)
と感動します。

でも、時間が経つとだんだんとティッシュが潰れてきて、またパンプスがゆるくなってくるのでティッシュの補充が必要です。

ただ、こうやってティッシュを詰めまくっているうちにどんどんつま先部分が窮屈になってくるので足の指が圧迫されて痛くなります;;

ひどいと足の指に水ぶくれができるので気をつけてください。

なので長時間の立ち仕事や歩く距離が長いときには向きません。

あくまで応急処置。

ティッシュの代用品としてストッキング、スポンジ、ハンカチ、フェルト、新聞紙、包帯なども使えます。

ストッキングはティッシュよりもやわらかくて快適です。

逆に新聞紙は固くてゴワゴワして痛いので本当に最後の手段です。

パンプス専用のつま先パッド

ちなみに、パンプスを履くまでに時間の余裕があるならパンプスのつま先を埋めるためのつま先パッドを買うのも手です

つま先クッションは物によりますけどだいたいは低反発のクッション素材でやわらかいです。

つま先パッドを入れるとパンプスのサイズを大幅に小さくできます。

ただ、つま先パッドも使っているうちにクッションが潰れて小さくなってきてしまうので定期定期に交換が必要。

あと、サイズの調節ができないのでパンプスがきつくなりすぎることもあります。

そうなると今度はつま先が圧迫されて指が痛い!

なので、長時間の立ち仕事などには向きません。

派遣の面接でその日だけどうしてもパンプスが必要、というような年に数回しか履かないというパンプスには応急処置として便利です。

パンプスのかかとの隙間を埋める

パンプスに絆創膏を貼る

次にかかとにできた少しの隙間のせいでパンプスが脱げてしまう場合。

こういう時はパンプスの後ろ側に応急処置をします。

これも便利なグッズがあるのですが、出先で今すぐ何とかしたい!という時には絆創膏が使えます。

絆創膏というと足に貼るイメージがありますが、パンプスの隙間を埋める時は靴側に貼るのがポイントです。

パンプスの時はストッキングを履いていることが多いので足に絆創膏を貼るってちょっと面倒ですよね。

さらにパンプス側に絆創膏を貼った方が多少はがれにくくなるというメリットもあります。

絆創膏は意外と薄いのでパンプスと足の隙間を埋めるとなると数枚重ねる必要があります。

2~3枚から試していって歩いてもパンプスが脱げなくなるまで重ねるのがポイントです。

隙間が大きいと片足5枚くらい絆創膏を使うことがあるのでコンビニやドラッグストアで買うなら量がたくさん入ったものを買っておいたほうがいいです。

絆創膏で隙間を埋めるというのは微々たるものだし、歩いているうちにだんだん絆創膏が潰れてきちゃいます。

あと、粘着力が弱いと絆創膏がはがれてきちゃうこともあります。

が、1日はなんとかもつという感じ。

絆創膏はすぐに簡単にできる応急処置だけど長時間のしようには向きません。

絆創膏のかわりにテーピングでも代用できます。

パンプス専用のかかとパッド

かかとを隙間を埋めて長期間そのパンプスを履き続けたいならパンプス専用の便利グッズを買ってしまうのがおすすめです

パンプスのかかとに貼るかかとパッドは厚みもあるし滑り止めの効果がついているものもあります。

パンプスの隙間を埋めることができるし、足のかかとに靴の後ろがひっかかるようになるのでパンプスがパカパカするのを防げます。

低反発素材のものを選べば足の形に合わせて変形してくれるのでフィット感もあるし足も痛くなりにくいですよ。

中敷きでパンプスのサイズを調整

インナーパッド

パンプスのサイズを全体的に一回り小さくしたいという時にはインソールを入れると簡単にサイズを調節できます。

インソールは100均などでも売られていて、自分ではさみで切って大きさを調節できるものもあります。

応急処置なら100均の安いものから試すのもありです。

ただ、ふつうのインソールでもいいんですが、

インソールの厚さによってサイズ感やパンプスの履き心地が全然違う!

スポンジなどクッション性のあるものだとかなり隙間が詰まるし、足裏の快適さも違いますよ

部分的に貼るゲルパッド

あと、パンプスが脱げてしまう原因がストッキングでパンプスを履く時に足が前滑りしてしまうから、ということであればこれがおすすめ

パンプスの中に貼るゲルパットです。

やわらかいシリコンでできているので

滑り止めの効果は抜群です!

そのままペタッと貼り付けるタイプや、シールがついていて貼り付けるタイプがあります。

ゲルパッドはつま先、土踏まず、かかとなどそれぞれの部位ごとに貼れるアイテムが売られているんですが、私はつま先に張るタイプが使いやすかったです。

パンプスの前滑り防止には欠かせません。

あと、つま先のゲルパッとは100均でも売っていることがあります。

スポンサーリンク

パンプスをシューズバンドで留める

シューズバンド

パンプスが2センチとかかなり大きい場合は正直、隙間を埋めてどうにかするというのは難しいです。

あと、パンプスを履いて歩き回る仕事だと靴の中にあれこれ応急処置をしても脱げてしまうことがあります。

そういう時に便利なのがシューズバンドです。

シューズバンドにはいろいろな種類があります。

色つきのゴムタイプ

キラキラのゴムタイプ↓

透明のゴムタイプ

シューズバンドはどれも100均で売られています。

私はダイソーで買った透明のゴムタイプのシューズバンドを使っていたことがあるんですが、履きやすさという意味ではすごく良かったです。

安定感が抜群!

かなりサイズが大きいパンプスでもちゃんと歩けるようになります。

ただ・・・

シューズバンドの唯一にして最大の欠点、それが

猛烈にダサい!!ということ。
黒いゴムタイプなんかはいかにも「ゴムで留めてます!」という見た目になる。

透明タイプは若干めだたなくはなるもののやっぱりふつうに見えちゃうので格好悪いんですよね。

面接とか接客とかそういう大事な場面では使えない雰囲気です。

シューズストラップ

で、それをもう少しカモフラージュしてくれるアイテムがこれ

後づけのシューズストラップです。

パンプスと同じような素材なのでパンプスと同じ色を選べばシューズバンドよりは馴染みます。

が、なんとなく馬につける手綱を思わせる雰囲気があるのはいなめない。

歩きやすさは格段にアップしますが、やっぱりオシャレとはいえないのが難点です。

フットカバーでパンプスの隙間を埋める

パンプスの隙間を全体的に埋めたい時は足の大きさを大きくするという方法もあります。

そこで使うのがフットカバー

つま先とかかとにだけ引っ掛けて履く靴下です。

甲の部分が広く開いているのでパンプスの時に履いても靴下が見えないようにできます。

厚手のフットカバーを選ぶとパンプスの隙間をしっかり埋められて脱げにくくなりますよ。

ただ、フットカバーはそれ自体が脱げやすいデザインなので、かかと部分に滑り止めがついているものなど脱げにくい工夫がされているアイテムを選ぶのがポイントです。

パンプスが脱げる時の応急処置まとめ

今回紹介した応急処置の方法はどれもメリット・デメリットがあるんですが、その日1日をしのぐという意味ではどれも使えますよ。

ちょっとお金はかかるけどできればパンプス専用の便利グッズを買ったほうが足には優しいです。

関連記事

ストッキングでの前滑りなどその他のパンプスの悩みついてはこちら
パンプスが臭い!痛い!パンプスの悩みまとめ【体験談あり】

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報