寝る時に靴下は良くない?だめ?履くメリットとデメリット | 干物女やめました
寒さ対策

寝る時に靴下は良くない?だめ?履くメリットとデメリット


寝る時に靴下は良くない?

寝る時に靴下は履かない方がいい?

冷え性の寝る時の寒さ対策で靴下を履いて寝ることがありますよね?

一方で、「寝る時に靴下を履くのは良くない」なんて話も耳にするので悩んでしまったり。

そこで今回は、寝る時に靴下を履くメリット・デメリットと、就寝時に足が寒い時の靴下選びのポイント、おすすめのアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

寝る時に靴下は良くない?

冷え性だと冬は足がキンキンに冷えて布団に入ってもなかなか寝付けない、ということがありますよね。

そんな時に足元の寒さ対策として手っ取り早くできるのが靴下を履いて寝ること。

寝る時に靴下を履くというのは冷え性の寒さ対策ではよく聞く方法ですよね。

でも一方で、「寝る時に靴下はNG」なんて話を聞くこともある。

一体どっちが本当なんだ?体に良いのはどれなんだ?

ということで私もいろいろ調べました。

その結果、寝る時の靴下にはメリットとデメリットの両方があることがわかりました。

寝る時に靴下を履くメリット

まず、寝るときに靴下を履くメリットは

入眠を促してくれる効果がある

ということです。

人の体は体の奥深くの内部体温が下がる時に眠くなるようにできています。

眠くなる時に手足が熱くなるということがあると思うんですが、実はこれは、体の中の体温を下げるために手や足から熱を放出している状態なんですね。

皮膚の血流をアップさせることで体内の熱の放出を活発にしています。

ところが、

冷え性などで寝るときに手足が冷えているとなかなか熱を放出することができないので、体の中の温度を下げることができません。

その結果、布団に入ってもいつまでも寝付けないということになります。

そこで寝るときの靴下です。

靴下を履くことで足の皮膚の表面の温度を上げることができます。

血流が促されて熱の放出がしやすくなるので体の深部体温を下げる助けになり、結果、すーっと気持ちよく眠りにつきやすくなるというわけです。

寝る時に靴下を履くデメリット

一方で、寝るときに靴下を履くとデメリットになることもあります。

まず

寝ている時の体温の調整がうまくできなくなります。

寝ている時に体は足から熱を放出したり汗をかいたりすることで体温の調整をしています。

でも、靴下を履いていると足に熱がこもってしまい、体温調整がうまくできません。

そうすると、深部体温が下がらないのでなかなか眠くなりません。

また、

寝ている時に足や体を温めすぎると体は温度を下げようとしてどんどん熱を放出しようとします。

体内の熱の放出が過剰になると

熱を逃し過ぎて体が冷えてしまう可能性があります。

で、

足から熱を出そうとする時に足を靴下で覆っていると裸足でいるときよりも足の温度が上がるし、靴下の中に熱がこもるので汗をかきやすくなります。

なので寝るときに靴下をはくと足が蒸れやすくなります。

その足の汗を靴下が吸収し、それが冷える時に足の熱を奪うので、そこでまた足を冷やしてしまう可能性があります。

さらに、

冷え性や寝るときの足の冷えは血行不良が原因で起こります。

なので、足が冷たい時はただでさえ血のめぐりが悪い状態なんですが、

靴下を履くことで足が締め付けられ、血行不良がますます進み、足がさらに冷えてしまうこともあります。

そういうわけで、

寝るときに靴下を履くと

●体の深部体温をうまく下げられないので眠気がやってこない

●暑くて過剰に熱を放出したり、かいた汗が冷えることで余計に足が冷える

ということが起こります。

だから、快眠とか睡眠の質ということを考えると「寝る時の靴下は良くない」ということになるんです。

スポンサーリンク

寝る時の靴下選びのポイント

そうは言っても、寝る時の足が冷たすぎると眠れないので靴下を履きたい、ということもあると思います。

そういう時は靴下選びが大切です。

寝る時に履く靴下を選ぶポイントは

●吸水性、放湿性、通気性に優れたもの

●締め付けずにゆったりとした履き着心地のもの

です。

汗をよく吸ってくれるもので、さらりとした履き心地のものが寝る時の靴下には適しています。

素材でいうとシルクやコットンなど吸湿性に優れた天然素材で、薄手のものがおすすめです。

あと、寝ていて暑くなった時に寝ながら自然に脱いでしまえるくらい締め付けがなくゆるいものを選ぶのもポイントですよ。

私が寝る時に試した靴下はこのあたり↓

寝る時の5本指靴下には「指ごとに汗を吸ってくれるので蒸れない」という意見と、「指を一本ずつ覆うので熱がこもる」という意見の賛否両論があります。

どちらがいいのか、正解は見つけられず・・・

なのでふつうの靴下と両方試してみて寝心地の良い方を選ぶのがいいかなと思います。

寝る時に靴下よりおすすめなのはこれ

私も冷え性なので布団に入った瞬間は足が冷えていて寒いんですけど、寝ている間に暑くなって朝になるといつも靴下を抜いてしまっていました。

なので、やっぱり寝る時の靴下はあわないんだなと。

でも、足がキンキンに冷えて寝付けない時もある・・・

そこでどうしても寒い時は靴下の代わりに寝る時はレッグウォーマー使うようになりました↓

レッグウォーマーは足全体を覆うわけではないので足裏からの熱の放出はしやすいです。

足首をしっかり温めてくれるので体感としても暖かいし、足先の血流のアップにも役立ちます。

レッグウォーマーも締め付けのないゆるめのものを選ぶのがポイントです。

寝る時の靴下まとめ

私もいろいろ試しましたが、「快眠」という点で考えると私は寝る時は靴下を履かない方が快適に寝られます。

なので私は、寝る時に足が冷えすぎて寝付けないという時は、足湯をして一度足を温めてから何も履かずに寝るようになりました。

寝る時の足の冷え対策についてはこちらに詳しく書いているので参考にしてみてくださいね↓

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報