【検証】ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプ10枚入りの感想 | 干物女やめました
美容のこと

【検証】ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプ10枚入りの感想


ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

ダイソーに売られている圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプ10枚入りを使ってみました!

フェイスマスクの大きさや厚み、使い勝手など耳なしのタイプと比較。

実際に使ってみた本音の評価がこれです。

スポンサーリンク

ダイソーの圧縮フェイスマスクを比較!

前回ダイソーに行った時は圧縮フェイスマスクがほぼ売り切れていて、「カップ付き12個入り」か「カップつき10個入り」しかなかったんですよね。

なので、まずは一番スタンダードっぽい

個包装カップ付き圧縮フェイスマスク12枚入りを試しました

で、

使い心地は↑こちらに書いたとおりで、

朝晩1個ずつ使うと6日でなくなってしまうので

さっそくダイソーに追加で買いに行きました。

すると、

この日は圧縮フェイスマスクが補充されていて

前回使った12枚入り、10枚入り耳にかけるタイプ、大容量の35枚入りが全部あった!

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

ということで、すかさず全種類ゲット!!

気になる違いを徹底比較してみようと思います。

ダイソー圧縮フェイスマスクの耳にかけるタイプを使ってみた

まずは前回買うか悩んだ

「耳にかけるタイプ圧縮フェイスマスク10枚入り」を使ってみました。

ダイソーの耳にかけるタイプの圧縮フェイスマスクは

12枚入りと同じようにカップ付きで個別包装されてます。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

でも、

手に出してみると前回使った12枚入りとは明らかに違いが!

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

分厚いw

前回使った12枚入りは圧縮された状態で直径2cm、厚さ6mmでした。

それが耳にかけるタイプは直径2cmと同じだけど

なんと厚さが10mmと倍近くあります!

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

なので、

化粧水を吸わせてみるとこれが

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

こんなに膨らむw

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

前回の12枚入りと耳にかけるタイプを比べるとこんなに違います。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

で、

膨らんだ耳にかけるタイプの圧縮フェイスマスクを広げたのがこれです。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

広げてみた瞬間、

前回の12枚入りよりも少し大きい気がしました。

フェイスマスクの大きさを測ってみると

ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプの大きさは

顔部分のの直径が縦横それぞれ23cm。

目の穴は縦2.5cm、横4.5cm。

口の穴は縦2.5cm、横6cm。

鼻の切れ込みは縦2cm、横4cm。

前回の12枚入りは顔の直径が22cmだったので

やっぱり耳にかけるタイプのほうが顔部分のシートが一回り大きいです。

目、口、鼻の切れ込みは引っ張り方によっても変わるのでまぁほぼ同じかなと。

12枚入りと10枚入り耳にかけるタイプを並べてみるとこんな感じ。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

あと、

耳にかけるタイプにだけついているマスクの下の部分。

ここは真ん中から耳までの片側が15cmです。

シートの厚みは耳なしタイプも耳にかけるタイプも同じに感じます。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

スポンサーリンク

ダイソー圧縮フェイスマスクの耳にかけるタイプの使い方

で、実際に顔につけてみました。

まず感じたのは前回の12枚入りよりも

しっかりと顔が覆われるということ!

前回の12枚入りのマスクだとおでこの上の方に少し隙間ができちゃったんですが、

耳にかけるタイプのほうが顔部分のシートの直径が1cm大きいので

本当に顔をすっぽり包んでくれる感じ。

さらに

顔部分にも耳にかけるパーツが付いてるので

顔のサイドもしっかりとカバーできるのが嬉しい。

そして、

耳にかけるタイプの特徴の顔の下部分を覆うシートも耳にかけてみる。

あぁ、いいですね、

この、顔を立体で包んでくれる感じ。

(○´∀`○)

前回使った耳なし12枚入りも悪くはないんだけど

耳にかけるタイプは本当に顔全体を覆えるのがすごくいい!

ちなみに、

フェイスマスクでカバーできる面積がどれくらい違うかというとこれ

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

あごの下、エラ周り、首のはじめなど

あーそこそこ!とかゆいところに手が届く感じです♪

あと、

ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプの耳かけ部分なんですが、

結構きつめにできてます。

なので、

耳にかける部分の切り込みの先が2.5cmくらいあるので

使う時は自分の顔にあわせてここを少しちぎって大きさを調節します。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 耳にかけるタイプ

100均のフェイスマスクと考えればまあこんなもんかなと。

フェイスマスクが大きすぎてうまく顔に張り付かないよりはいいので

あえて小さめに作っている気もします。

ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプまとめ

というわけで、耳なし12枚入りに比べると

ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプ10枚入りは

マスクでカバーできる範囲が広いというのが最大の特徴です。

シートの厚みはどちらも同じです。

なので、

値段をとるのか、

お肌のケアをとるのか。

「どちらがいいのか?」については人によって好みが別れるところですね。

気になる点としては

まず、内容量は2個しか違わないので

10枚入りと12枚入りなら耳にかける12枚入りかな?と。

ただ、35枚入りと比べたらどうなんだろう?といいうこと。

あと、

ダイソーの圧縮フィスマスクは耳にかけるタイプとそれ以外で

1回に使う化粧水の量がだいぶ違います。

というわけで、そういったこと含め

ダイソーの圧縮フェイスマスク3種類を比較して最終的に私が感じたのがこれです

今回比較に使ったダイソーの

カップ付き圧縮フェイスマスク12枚入りの感想はこちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報