【検証】ダイソーの圧縮フェイスマスク3種類を比較してみた! | 干物女やめました
美容のこと

【検証】ダイソーの圧縮フェイスマスク3種類を比較してみた!


ダイソー 圧縮フェイスマスク 比較

ダイソーに売られている圧縮フェイスマスク3種類を比較してみました!

フェイスマスクの大きさや厚み、必要な化粧水の量や使い勝手などなど。

実際に使ってみて私が一番いいなと感じたのはこれでした。

スポンサーリンク

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りを使ってみた

さて、ここまでダイソーの圧縮フェイスマスクの12枚入りと耳にかける10枚入りの違いを見てきました。

この2つの違いについてはこちらをどうぞ

残すところは大容量のダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りのみ。

コスパを考えると断然、35枚入りがお徳なんですが、

1つだけ桁外れに内容量が多いので

もしかしてフェイスマスクがイマイチなのかな?とも思ったり。

ということで、

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りも試してみました。

ダイソー 圧縮フェイスマスク 35枚入り

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りと他の2つとの違いの1つが

包装の仕方です。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

他の2つがカップ付きなのに対して

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りは袋入り。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

裏から見るとまるでお菓子みたい。

ダイソーの圧縮フェイスマスク売り場にデカデカと注意書きが貼ってあったんですが、

確かにこれは子どもがいたら誤飲しそうで怖い。

手に出すと懐かしのハイレモンみたい。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りは

直径2cm、厚さ6mm。

12枚入りと同じ大きさです。

化粧水をひたして広げてみたのがこれ。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

全体の直径が縦横それぞれ22cm。

目の穴は縦2cm、横4.5cm。

口の穴は縦2cm、横6cm。

鼻の切れ込みは縦2cm、横6cm。

やっぱり12枚入りと同じ大きさです。

圧縮フェイスマスク35枚入りと12枚入りを並べたのがこれ。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

シートの厚みも特に薄いということはなく

その点も12枚入りと同じに感じるなと。

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入り

ということで、

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りは

フェイスマスク自体は12枚入りと変わりません。

個包装がカップなのか袋なのかの違いだけ。

って考えるとあの個包装のカップって高いんだなって思いますよね。

それが袋になるだけで内容量が倍以上になるので。

ダイソー圧縮フェイスマスクは化粧水をどれくらい使う?

ダイソーの3つの圧縮フェイスマスクの違いがわかったところで、

私は気になることがもう1つありました。

それが、

ダイソー圧縮フェイスマスクは化粧水をどれくらい使うのか?

ということ。

12枚入りと35枚入りは同じマスクのようなので、

その2つと耳にかけるタイプでどれくらい差があるのかなぁと。

そこで、

ダイソー圧縮フェイスマスクが化粧水をどれくらい使うのか、

ざっくりではありますが量ってみました!

今回は100mlの水に圧縮フェイスマスクを落として

どれくらい水を吸うのかで比較しました。

まずは12枚入り。

これは思いのほか少なく吸った水は10ml程度でした。

マスクのサイズが同じ35枚入りも同じ結果です。

続いて耳にかけるタイプ10枚入り。

これを計量カップに落としてみると・・・

めっちゃ吸ってる!!

Σ(゚∀゚*)

ダイソーの圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプが吸った水の量は

約30~40ml!

いや、確かに、

耳にかけるタイプはめちゃくちゃ化粧水使うなと思ってたんですよ。

圧縮フェイスマスクが膨らんだときの大きさも

こんなに違いますからね。

ダイソー圧縮フェイスマスク

にしても、

もし1回で30mlの化粧水を使うとしたら

500mlの化粧水で約16回分。

ダイソー圧縮フェイスマスク耳にかけるタイプを朝晩使ったら

あの大きな500mlの化粧水が8日でなくなります!

って考えると

500mlの化粧水を月4本買わないといけない計算になる。

これは相当ですね。

ダイソー圧縮フェイスマスクに精製水を染み込ませてから

化粧水を吸わせて節約する人の気持ちがわからなくもない。

ちなみに、

今回は大量の水の中に圧縮フェイスマスクを入れたので

取り出すとヒタヒタ、水が垂れるくらい染み込ませました。

なので、

化粧水を節約して少量しか使わない場合は

もうちょっと少ない量になると思います。

スポンサーリンク

ダイソー圧縮フェイスマスクはどれがいい?

ダイソー圧縮フェイスマスク 比較

ということで、

ダイソー圧縮フェイスマスクの3つのシートを比較してみた結果、

まず

  • ダイソー圧縮フェイスマスクはシートの厚みはどれも同じ。
  • 耳にかけるタイプだけ顔の周りが一回り大きく、あご下をカバーできるパーツが付いている。

という違いがあることがわかりました。

また、

  • 耳にかけるタイプ10枚入りが1回に使う化粧水は約30ml
  • 12枚入り、35枚入りが1回に使う化粧水は約10ml

です。

このことから単純にコスパで考えるなら

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りが圧倒的にお徳!

ただし、

35枚入りにはカップが付いていないので

圧縮フェイスマスクを使うたびに容器を用意する必要があります。

その手間を惜しまず、

本当に顔部分だけマスクができればいいという人であれば

ダイソーで圧縮フェイスマスクを選ぶなら35枚入りですね。

ただ!

機能面で考えるとやっぱり耳にかけるタイプ10枚入りが優れている。

この耳にかけるタイプ10枚入と他の2つのフェイスマスク、

どちらを使うべきか考えた時に

私の脳裏にふと思い浮かんだことがあります。

どの圧縮フェイスマスクがお得かと言われたら

そりゃあ断然、35枚入り。

なんだけど、

あぁ、これってあれか、と。

街で時々見かける

正面から見たら完璧メイクだけど

横から見ると顔の途中から色が違ってるあれ。

たまにいるじゃないですか、

頬の途中までしかファンデーション塗ってない人。

あーこの人、メイクする時に鏡で顔の正面しか見てないんだなぁ、

っていう。

ダイソー圧縮フェイスマスクの12枚入り、35枚入りには

その雰囲気を感じるんですよね。

確かに正面から見ると顔が覆えてるけど

えら周りやあごの下など「そこも顔だよね!」

というところがカバーできない。

比較画像はこちらに載せてます

メイクと違ってフェイスマスクは誰に見られるもんじゃないけど

顔の正面しか潤さないスキンケアって女子としてどうなんだ、と。

コスパを意識しすぎてスキンケアが中途半端になるのは

本末転倒だよなぁ、と。

やっぱり、

使い勝手としては耳にかけるタイプ10枚入りを使いたいな

って私は思っちゃうんですよね。

ダイソー圧縮フェイスマスクの比較まとめ

というわけで、

ダイソーの圧縮フェイスマスクは

お金をとるか?スキンケアの質をとるか?で

人によってどれがおすすめかが変わります。

もし、

ダイソー圧縮フェイスマスクの耳にかけるタイプ10枚入りと

プチプラで一番安い大容量の化粧水をあわせて朝晩毎日使ったとしたら

だいたい1ヵ月のコストは3,000円くらい。

逆に

ダイソー圧縮フェイスマスク35枚入りに↑と同じ化粧水をあわせたら

朝晩使っても1,200円くらいです。

フェイスマスクは夜だけにするという人もいるだろうし、

もっと良い化粧水を使いたいという人もいると思います。

なので、

ダイソーの圧縮フェイスマスクはどれが優れている

というよりも

自分のスキンケアと予算にあったものを選ぶ

というのが最善ですね。

ちなみに、

私が思うプチプラで一番安い大容量の化粧水というのがこれです

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報