バレンタインのメッセージで片思いの職場の本命の彼への例文を紹介! | 干物女やめました
生活のこと

バレンタインのメッセージで片思いの職場の本命の彼への例文を紹介!


バレンタインのメッセージカード

バレンタインの本命チョコに添えるメッセージは本当に悩みますよね~

ちゃんと自分の気持ちを伝えたい、でも、片思いの相手が職場の人だと後々のことも気になったり・・・

メッセージカーとの前で何時間も悩んだりするものですよね。

そこで、バレンタインのメッセージの書き方の例文や、職場の片思いの人に向けて書く時に注意点などを紹介します。

スポンサーリンク

PICK UP

▼社会人のバレンタイン本命チョコに役立つその他の情報▼
職場の片思いをバレンタイン本命チョコで成就させる5つのポイント

本命チョコに添えるメッセージの書き方の5つのポイント

まずバレンタインに本命の彼に渡すメッセージカードの書き方の大事なポイント紹介しますね。

メッセージカードは手書き

これはもう言うまでもないですが、メッセージカードは手書きです。

カードに文字が印刷されたものはもちろん、パソコンで打った文字をプリントするなんて味気なくて気持ちが伝わりません。

義理チョコと間違われることもあります。

字が汚いと気にする人もいますが気持ちをこめて丁寧に書けば癖のある字でも大丈夫ですよ。

好きなところを具体的に書く

バレンタインのメッセージカードではあなたが思う彼の良いとところや素敵だと感じるところをカードに書いて伝えるようにします。

この時に大事なのはただ「素敵です」「かっこいいです」と書くのではなく彼のどこを見てそう感じたのか具体的に書くことです。

仕事に向かう姿勢や立ち居振る舞い、人との接し方などあなたがいいなと思ったエピソードをそのまま書きます。

好きな気持ちが大きいとついあれこれ書きたくなってしまいますが、メッセージカードに書くのは1つだけにしておきましょう。

「○○さんのこんなところが素敵です」と彼の名前を入れて文章を作るとより一人に向けて書いているというのが伝わりますよ。

シンプルなメッセージにする

メッセージカードは短い文章でわかりやすく簡潔に書くのが大事です。

片思いの期間が長かったりすると「気持ちを伝えたい!」と長文でカードにぎっしり書いてしまうなんていう人もいるのですが、これは逆効果!

重たいと思われてしまうこともあります。

メッセージカードでしてはいけないこと

バレンタインのチョコに添えるカードだとメッセージで相手との関係を進展させたいということもありますよね。

そこでやりがちな失敗が強引に相手に行動を求めてしてしまうことです。

例えば「ホワイトデーにお返事ください」「いついつまでにお返事もらえると嬉しいです」など。

文面は丁寧でも期日を指定したり相手に指示をするのはあまりよくありません。

こちらから勝手にプレゼントしているのに指図されるということにもらう側としてはあまりいい気持ちがしません。

メッセージカードに必ず書くこと

バレンタインのメッセージカードには自分の名前を必ず書きます。

恥ずかしくて「いつもありがとうございます、食べてください」などメッセージだけ書いて匿名でチョコを渡す、なんていう人もいるのですが・・・

このチョコは確実に食べてもらえません。

もし自分がもらう側だったとして、誰からの贈り物かわからないものをもらっても口にできませんよね?

それに名前がなければ彼があなたからのチョコだと気づくこともありませんから、正直、バレンタインのチョコレートをあげる意味が全くなくなってしまいます。

なので、メッセージの終わりに必ず名前を書いておきます。

一番初めに「○○さん」と相手の名前を入れておくとより丁寧です。

バレンタインのメッセージで片思いならここをチェック!

次に本命チョコだからこそ気をつけたい3つのポイントを紹介します。

相手によって書いていいメッセージが変わる

職場の片思いの人にあげるバレンタインのメッセージカードはチョコを渡す相手とあなたの関係によって書いていい内容が変わってきます。

ここを間違えると100%失敗するのでこれはめちゃくちゃ重要です!

大事なのはあなたと彼の距離の近さです。

片思いをしているとあなたは毎日彼のことを気にして見ているのですごく身近に感じるかもしれません。

でも、挨拶を交わす程度でたいして話したこともなく相手のことをよく知らないという場合、その段階で

「好きです!付き合って下さい」

と告白しても付き合ってもらえることはまずありません。

これが通用するのは高校生くらいまでで、社会人になってから知らない相手にいきなり告白されても嬉しさより困惑のが先にきます。

人によってはドン引きされてその後目もあわせてもらえなくなったり・・・

また、告白までいかなくても

「今度2人で会ってください!」

「どこどこに一緒に行きませんか?」

という誘いもそこまで意識していなかった相手から言われると押しが強すぎます。

そのため、相手との距離感を考えてメッセージカードに書くことを決めるのがものすごく重要です。

メッセージカードで何を伝えたいのか?

そこで考えたいのがこのバレンタインを通して彼に何を伝えたいのか?ということです。

ほとんど話したことのない相手と話せるようになりたいのか、

一緒に仕事をする仲から食事にいけるようになりたいのか、

ふだんからよくしゃべる仲の良い同僚から彼女になりたいのか、

片思いをしているとつい前のめりになってしまいがちで、「好き」という気持ちを伝えることばかり考えてしまいます。

でも、まだ彼との距離が縮まっていないのに「好き」という雰囲気を全面に出し過ぎてしまうと重いととられて引かれてしまう可能性が高いです。

こうなると後々気まずいし、相手が職場の人だと仕事もやりづらくなってしまいますよね。

バレンタインだからといって必ず告白しなければいけないわけじゃありません。

片思いの彼とまだそれほど親しくないのであればまずは相手の中での自分の高感度を上げることを意識したほうがいいです。

それには「好き」と伝えなくても相手への好意をさりげなく伝えたり感謝の気持ちを伝えれば十分です。

まずはあなたが彼を気にしていること彼に気付いてもらうことを考えて言葉を選んだ方がいいです。

職場の片思いではとにかく焦らないこと!

まずは距離を縮めるきっかけを作れるようにしましょう。

告白したい相手との距離感についてはこちらも参考にしてみてください↓

職場で告白!社内恋愛の告白のタイミングや女性からのアプローチ方法

本命なのに義理チョコと間違われるメッセージ

あと、好き!好き!と攻めすぎるパターンの逆で、自分の気持ちを隠しすぎるという失敗パターンもあります。

まだ告白する勇気はない、でも好意は伝えたい、でも恥ずかしい・・・

そうやってグルグル悩んでいるうちにメッセージがどんどん無難な言葉になっていき、気がついたら義理チョコと区別がつかないようなメッセージになっていることがあります。

「いつもありがとうございます。ささやかですが感謝の気持ちです。これからもご指導、よろしくお願いします。」

「いつも気遣ってくださり、ありがとうございます」

「みんなに慕われる〇〇さんを尊敬しています」

「Happy Valentines!」

こういったメッセージは丁寧で悪い印象は受けませんが個人的な好意も感じにくいので本命チョコとわかってもらえないです。

職場の本命に渡すバレンタインのメッセージカードの選び方

職場の片思いの彼にわたすメッセージカードはシンプルなものを選ぶのがベストです。

理由はいろいろありますが一番は、万が一、メッセージカードが他の人の目に触れてしまっても一瞬で「本命」とわからないようにするためです。

本命チョコを会社の人前で渡すことはないかもしれません。

でも、彼がそれをデスクに置きっぱなしにしたり、ロッカーを開けたときに荷物が落ちてカードが袋から出てしまうなんてことも考えられます。

どうしてもかわいらしいメッセージカードにしたいならシンプルな封筒に入れておくことです。

ただ、ハート柄やあまりにかわいらしいデザイン、カードを開くと立体になるものなどはちょっと懲りすぎで重たいと思われてしまうこともあります。

あと、手作りカードだと子どもっぽい印象になってしまいます。

もしおしゃれなカードにしたいなら色は白だけどシースルーで柄が入ったようなものなんかだと派手過ぎずシンプルだけど女性らしい印象になりますよ

スポンサーリンク

片思いの職場の本命の彼へのバレンタインメッセージ例文

最後に、片思いの相手との関係性ごとにバレンタインのチョコに添えるメッセージ例文を紹介しておきますね。

お互いのことをよく知らない彼の場合

この段階ではあくまで彼に自分の存在に気づいてもらうのが目的です。

なので、頑張って一歩踏み込むとしたら「機会があれば話してみたい」ということ。

自分の連絡先を書いてもいいですが、この段階だと返事が返ってこないこともあります。

「いつも優しい気配りをありがとうございます。〇〇さんとまたお話できると嬉しいです」
「突然すみません、以前〇〇さんとお話した時とても楽しかったのでよければまたお話できればと思います。」
「いきなりすみません。毎朝〇〇さんが笑顔で挨拶してくれてとても素敵だなと思ってました。よければもっとお話してみたいです。」

仕事の話はするけどそこまで親しくはない彼の場合

仕事の話はするけどそこまで親しくはない彼の場合、メッセージは自分がどうしたいかで2通りが考えられます。

【自分を意識してもらいたい】

まだ彼とそこまで親しくなくて、バレンタインをきっかけに好意を伝えて相手に自分を気にかけてもらいたいという時はふだんの感謝の気持ちなどを伝えるようにします。

また、さっきより一歩踏み込むとしたら「素敵」「かっこいい」など仕事面などでなく相手自身の魅力を褒めるようにします。

「〇〇さんのプレゼンを頑張っている姿、とてもかっこよかったですよ!」
「私が仕事で大変だった時、○○さんが助けてくれて本当に嬉しかったです。○○さんの優しさにちょっと感動しちゃいました。チョコ、よかったら食べてくださいね。」
「いつも一生懸命仕事に打ち込む○○さんの姿、とても素敵だなと思って見てました。あまり無理しないで、体にも気をつけてくださいね。」
「○○さんと話すと前向きになれて、いつも○○さんの言葉に元気をもらってます。これからもよろしくお願いします。」
「いつもフォローして頂いてありがとうございます。そんな○○さんの姿をいつも素敵だなと感じていました。」

片思いをしていると自分の中では「これは告白に等しい!」と感じてしまうかもしれませんが、このメッセージはあくまで自分の好意を伝えているだけです。

なので、相手から返事をもらったり逆に告白されたりなどのリアクションが必ずあるとは限りません。

メッセージをもらった男性からするとこのメッセージは好意は感じるが好きという確証はないというあいまいなものです。

告白かも?と思って万が一、自分の勘違いだったら恥ずかしいということでスルーする人もいます。

【次のステップに進みたいなら】

仕事で顔をあわせればよく話すけど仕事の話しかしない、という仲からもう一歩踏み込みたいという時は食事に誘ってみたり連絡先を伝えてみることにチャレンジします。

「私がミスした時に助けてくれてありがとうございます!あの時の〇〇さんの優しい気配りがとても嬉しかったです。お礼に今度ご馳走させてください」
「毎日お仕事お疲れさまです。いつも○○さんと仕事が出来てとても楽しいです。もっといろいろなお話したいので今度一緒にランチ行きませんか?」
「いつもお仕事お疲れさまです。普段の感謝の気持ちを込めました。
今度ご飯でも一緒にいかがですか?」
「○○さんのいつも明るい姿にわたしも元気をもらっています。これからもよろしくお願いします。もしよければ、今度飲みに行きたいです。」
「会社の近くに○○さんの好きだといっていたおいしいパスタのお店を見つけたので今度一緒にいきませんか?」

距離が近くすでに関係性ができている彼の場合

仕事以外のプライベートでも仲が良く、LINEなどで夜や休日にやりとりしているという中の場合。

好意を伝えたいだけならここまでに紹介した例文と同じです。

が、ここからさらに一歩踏み込むとなると告白が必要。

仲が良い状態だと曖昧なメッセージは告白だと気づいてもらえないことがあるし、相手も告白なのか迷って返事をもらえないことがあります。

なのではっきりとストレートに告白するメッセージになります。

「○○さんと一緒にいるといつも楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいます。もっと一緒に過ごせると良いな。好きです。」
「今まで伝えられなかったけど、〇〇さんのことが好きです。これからも一緒に居たいので、付き合ってください。」
「いつも仕事で助けてくれてありがとう。〇〇さんがいなかったら仕事をめていたかもしれません。私にとって○○さんはとても大切な存在です。直接言えないからメッセージで伝えますね、大好きです。」
「○○さんの気取らない笑顔がとても好きです。気がついたら好きになっていました。」

ここまでくると女性からするともう完全に告白です。

が、男は意外と慎重なので「付き合ってください」などどストレートな告白の言葉が入っていないと告白されたと思わない人もいます。

告白された?いや、好きって言ってるだけだし、俺の勘違いだったら恥ずかしい・・・

とか思って「ありがとう」だけで返してくる人もいます。

なので、告白するのであれば自分が何を望んでいるのかはっきり書いたほうが相手からもしっかりと答えをもらいやすいです。

本命へのバレンタインのメッセージカードまとめ

バレンタインが終わっても仕事は続きますから、職場の片思いの彼へのバレンタインのメッセージは本当に重要です!

相手との関係性をしっかり見極めてメッセージを考えてみてくださいね。

職場での本命の彼の呼び出し方はこちらも参考にどうぞ↓

バレンタインの渡し方で社会人のベストなタイミングや呼び出し方

社会人の本命チョコの選び方はこちらにまとめています↓

本命チョコの値段とおすすめブランド!片思いの彼にあげるなら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報