エレベーターなし5階に引っ越し?メリットとデメリット【体験談】 | 干物女やめました
引越し・新生活

エレベーターなし5階に引っ越し?メリットとデメリット【体験談】


エレベーターなし5階

一人暮らしの部屋探しをしている時に不動産屋さんに紹介されたのがエレベーターなし5階の部屋。

お部屋じたいはとても魅力的なものの、「本当にエレベーターなし5階の部屋に住めるかな・・・?」とかなり悩みました。

そこで、実際にマンションのエレベーターなし5階の部屋を見にいってみまることに!

そこで感じた私の本音の感想がこちらです。

スポンサーリンク

PICK UP ▼良い不動産屋の見分け方や、予約のとり方、断り方▼
賃貸一人暮らしの部屋探しで失敗しないための注意点まとめ

マンションのエレベーターなし5階に住めるのか?

これは私が転職活動をしている時に部屋探しをした時の体験談です。

その時の私は貯金は結構あったものの、転職活動中だったので収入が安定していなかったのと、フリーランスで仕事をしていたので勤め先がない状態でした。

今どきこういう人は珍しくないとは思うんですが、これ、賃貸の部屋を借りるにはものすごいデメリットなんですよ。

物件を借りる時は保証会社の審査を通過しなきゃいけないわけですが、収入が不安定ということで審査に通らない可能性が大きいんです。

そんなわけで、その時行ったとある不動産屋さんでは、その不動産屋さんが懇意にしている審査がゆるゆるの保障会社の物件で、ちょっと訳ありな感じのところばかり紹介されたんですが、

その一つが、築50年のエレベーターなし5階の物件でした。

いつもの部屋探しならこんな物件、即お断りするところなんですが・・・

その時の私は不動産屋めぐりの疲れでメンタルもお疲れ気味、早くどこかに決めたいとぐったりしていました。

あと、この物件、お部屋じたいは魅力的な部分もあったので、「エレベーターなし、しかも5階の部屋に本当に住めるのか!?」というかなりの不安はあったものの、

一応、現地を見てみようかな

と思い足を運んでみることにしました。

エレベーターなし5階に住むメリット

で、実際にマンションのエレベーターなし5階の部屋に足を運んでみて、まずは前向きに検討してみた結果、私の中で出てきたエレベーターなし5階に住むメリットがこちらです。

マンションのエレベーターなし5階は家賃が安い

まずエレベーターなし5階の物件の最大のメリットは家賃が格安ということです。

私が見にいった部屋は最寄り駅が山手線の駅で、駅徒歩12分という好立地。

駅前にはスーパーやドラッグストア、飲食店がたくさんある上に、マンション自体は静かな住宅街にあって環境は最高です。

しかも部屋はワンルームながらも10畳という広さがあり、もちろんバス・トイレ別、独立洗面台もありました。

最上階なので見晴らしもかなりいいし、窓が多いので明るい、上の階の騒音の心配もありません。

同じエリアでこの条件の物件を探すとなると家賃は12~15万くらいになるんですが、このお部屋はなんと8万5千円で住めるのです。

築50年、エレベーターなし5階というデメリットに目をつぶれば、住環境とお部屋の条件は言うことがありません。

マンションの5階でエレベーター無しで運動不足解消

そこで、エレベーターなし5階というデメリットを前向きに考えてみることにしました。

そこでまず思い浮かぶのは、生活する中で自然と運動不足が解消できるということです。

毎日5階までの階段の上り下りをしていれば勝手に筋力がついて最高じゃないかと。

私、富士山に登りたいと思ってるから毎日その練習だと思って過ごせば一石二鳥じゃないかと思いました。

それに、仕事に行ったり買い物に行ったり、なんだかんだ一日一往復しかしないんじゃないかな?なんて思ったり。

それくらいならできるんじゃない?と思えてきました。

エレベーター無しなら待ち時間も無し

次に考えたのがエレベーターを使わないことのメリットです。

以前、戸数の多いマンションに住んんでいたことがあったんですが、その時に感じたのがエレベーター待ちのわずらわしさ。

朝の通勤、通学の時間帯と夜の帰宅の時間帯はエレベーターを使う人が多いのでエレベーターが混むんですよね。

そのマンションは小さなエレベーターが一基しかなかったので、地味にエレベーター待ちの時間ができる。

それに、朝は自分も急いでいるし、明るい時間で人も多いからと思って相乗りしますけど、夜に男の人とエレベーターに2人で乗るってちょっと怖いじゃないですか。

だから男の人が待っている時は自分は1回見送って、次のエレベーターに乗ったり。

そんなことあったなと思ったんですが、そもそもエレベーターがなければこんな煩わしさを感じることもありません。

エレベーターなしなら地震がきても閉じ込められない

あともう1つ、エレベーターに乗っていて怖いなと感じることが地震がきた時に閉じ込められたらどうしようということ。

東京で大地震が起たらたぶんエレベーターに閉じ込められる人が山ほどいるからすぐには助け出してもらえないだろうなと。

でも、階段しかなければ閉じ込められることもないし、逃げたい時は階段を使ってすぐに避難することができるかな、なんて思いました。

(この建物の場合、築50年なんで建物本体が無事かどうかちょっと怪しいんですが・・・)

スポンサーリンク

エレベーターなし5階に住むデメリット

こんな風に一生懸命エレベーターなし5階に住むメリットを考えてみました。

が、空元気というか、やっぱり心に引っかかるものがある!

ということで次は、冷静に、エレベーターなし5階に住むデメリットにきちんと目を向けてみることにしました。

そこで感じたエレベーターなし5階に住むデメリットがこちらです。

エレベーターなし5階はしんどい!

えぇ、もうほんと、単純に、

エレベーターなしで5階まで上るのはしんどいです!

私は実家が3階建てだったので、3階まで階段を登るというのは気分的にも体力的にもわりといけるんですよね。

ただ、そこからあと2階分あがるとなると全然違う!

実際にエレベーターなし5階のマンションに行った時も3階までは余裕でしたが、5階に着いたときには心臓がドキドキ、軽く息があがってました笑

(;´Д`) ハァハァ

これは私のふだんの運動不足がたたっているせいもあるんですが、このご時勢に5階まで階段で上がるってまずないじゃないですか。

だから階段で5階まで行ってみると思っているよりきついし、実際に5階分の階段を味わったことで日々起こりえるいろんな大変さが思い浮かびました。

例えば、

朝の急いでる時に1階についてから忘れ物に気づいたら地獄だな・・・って思いました笑

仕事でクタクタの帰り道にヒールのパンプスでこの階段をのぼるってダメ押しの修行だなって思いました。

1週間分の食料や、5kgのお米の袋などエレベーターなしで重い荷物を持ってこの階段をのぼったら・・・

たぶん、3階の踊り場で一度荷物を置いて、気合入れなおして5階だなって思いました。

あと、一番のピンチは病気やケガをした時かなと。

私、一人暮らし中に何度か胃腸炎になったことがあるんですが、あの体調不良の中この階段は地獄・・・

万が一、足を怪我したらエレベーターなし5階は陸の孤島です。

これが毎日のことだと大変だろうなぁ、と。

あっ、ちなみに、エレベーターなし5階について考えてる時にネット上で家族連れの方で悩んでいる方がいらっしゃったんですが、

一人でこんな状態なんだから、子育て中で赤ちゃんや小さい子供がいたり、エレベーターなしの5階までベビーカーを毎日運ぶとなると、かなりきついと思います。

引越しでエレベーターなしだと追加料金がかかる

次に浮かんだのが、

五階建てエレベーターなしでどうやって家具家電を運んだらいいんだ?

という引越しの大変さです。

引越し業者を使う場合、エレベーターなし4階、5階などは通常の料金の他に確実に追加料金がかかります。

引越しでエレベーターなしでも追加料金を払えば運んでくれるならありがたいことなんですけど。

あと、私はこの引越しの時は大型の家具家電を買いなおすつもりでした。

そこでいろいろ調べてみたんですが、

例えばビックカメラの場合、エレベーターなしで家電を配送する場合、通常の配送料金で運んでくれるのは2階までです。

エレベーターなしの3階以上は1階上がるごとにプラス1,000円の追加料金が発生します。

エレベーターなし5階ならプラス3,000円です!

で、ちょっとこれは確認してないんですが、もしこれが大型家電ごとにかかったとしたら?

冷蔵庫と洗濯機でプラス6,000円です!高い!!

引っ越しでエレベーターなしは値段が結構かかります。

あと、ニトリはお金を積んでも大型家具をエレベーターなし5階までは運んでくれません。

ニトリの配送はエレベーターなしの場合は荷物を1階のエントランスで渡されたりします。

エレベーターなし5階は引っ越しが大変

例えばニトリで家具を買って、配送の荷物を1階で受けとったとして、

最悪、ベッドフレームなんかは1階でダンボールを開けてパーツごとに持っていけば一人でも運べないことはない(5階まで何往復もすることになるけど・・・)

でも、1階でテレビ台やソファ、20kgのマットレスを渡されて、どうやって部屋まで運ぼう??

しかも、階段が狭いと大型の家具家電は途中で引っかかって運べない可能性もある。

いや、そもそも一人じゃ無理なんだけど・・・

と、エレベーターなし五階の引越しは荷物の搬入にかなり難を感じました。

さらに、その物件から出るときも大変そうなんですよね。

次の新居に全部持って行くなら引越し業者に追加料金を払えば運び出してくれるかもしれません。

でも、引越しを機に買い換える場合は自分で運び出さなきゃいけないですよね。

冷蔵庫や洗濯機をエレベーターなし5階から自分で1階まで運ぶ・・・?

ム───(乂・д・´)───リ!
うん、エレベーターなし5階の引っ越しはどう考えても大変ですよね。

まとめ

というわけで、お部屋の条件や住環境の良さ、格安の家賃に惹かれて物件を見にいったものの、実際にエレベーターなし5階の階段を体験してこれは無理だなと思い、このお部屋への引越しは断念しました。

ただ、人によっては「エレベーターなし5階?階段上るだけでしょ?余裕じゃん♪」という体力のある方もいると思います。

最近は外見は古いけど中はリノベーションできれいにしたurの5階エレベーターなしの物件とかもあるので、そういう人だったらエレベーターなしの賃貸で素敵なお部屋に安い家賃で住めるお宝物件が見つかるかもしれません。

はじめての部屋探しの方はこちらも参考にどうぞ↓

良い不動産屋の見分け方や、不動産屋の予約のとり方、断り方など部屋探しの悩みを体験談とともに紹介しています。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報