ドア下の隙間風対策に100均の隙間テープモヘアを貼ってみた! | 干物女やめました
生活のこと

ドア下の隙間風対策に100均の隙間テープモヘアを貼ってみた!


ダイソー隙間テープモヘア

ドア下の隙間風対策をしようと隙間テープモヘアを100均で買ってきました。

前回の失敗をいかし今度こそは!と試してみた結果がこれです。

隙間テープモヘアの貼り方や実際にドア下に貼ってみた様子などを写真とともにまとめておきますね。

スポンサーリンク

ドア下の隙間風対策に隙間テープモヘアを100均で買ってきた

ドア下に開いている1cmほどの隙間、冬になるとここからピューピューと隙間風が吹き込んできて寒い!

ということで、ドア下の隙間風対策に乗り出しました。

まずはオーソドックスなスポンジタイプの隙間テープをドア下に貼ってみたところ隙間風防止には効果があったもののまさかの失敗が!

その様子は前回のこちらの記事でどうぞ

⇒「ドア下に100均の隙間テープを貼ってみたら驚愕の結果が待っていた

そうか、スポンジだとこうなるのか・・・

ということで、今度はスポンジより柔軟に使える

モヘアタイプの隙間テープを試してみることにしました。

隙間テープモヘアの特徴はこちらを参考にどうぞ

⇒「ダイソーの隙間テープの種類の違いは?最適な使い方はこれだった

再び近所のダイソーへ。

家の近くのダイソーに売られているモヘアの隙間テープはこの1種類のみ

ダイソー隙間テープモヘア

厚さ(毛の長さ)0.9cm

幅 0.6cm

長さ2m

袋から取り出すとこんな感じ

ダイソー隙間テープモヘア

隙間テープモヘアのダイソーの商品はシルバーの毛足がついています。

ダイソー隙間テープモヘア

隙間テープ毛付きの良いところはスポンジと違って毛がしなるところ。

ダイソー隙間テープモヘア

この特徴を活かしてドア下に貼った時にカーペットに引っかかるのを防ぐ作戦です。

隙間テープモヘアのドア下への貼り方

さっそくダイソーの隙間テープモヘアをドア下に貼ってみます。

まずは隙間テープをドアの幅に切ります。

隙間テープモヘアは切る時に毛足が散らばるのでゴミ箱の上で切った方がいいです。

モヘアの隙間テープもダイソーの他の隙間テープと同じでシールのように粘着テープがついています。

ダイソー隙間テープモヘア

なので、裏紙を剥がしてはるだけ。

ドア下には手が入らないので隙間テープを貼る時は定規を使います。

ダイソー隙間テープモヘア

隙間テープのシールの裏紙を剥がし、ドア下に滑り込ませて位置を調節したら定規を入れてドアの下に押し付けます。

ダイソー隙間テープモヘア

一瞬、毛がぐしゃっとなりますが定規を抜けば毛はきれいに元通り!

ダイソー隙間テープモヘア

この毛のしなりこそ私が求めていたもの!

(o´艸`)ムフフ

スポンサーリンク

隙間テープ毛足タイプの効果は?

100均の隙間テープモヘアをドア下に貼ってみた感じがこれです

ビフォアー

ダイソー隙間テープモヘア

↓ ↓ ↓

アフター

ダイソー隙間テープモヘア

隙間テープモヘアはその名のとおり毛ですが隙間がきちんと埋められています。

なので、

ドア下の隙間風対策はばっちり!

ピューピュー吹き込んでくる風は収まりました。

そしていよいよあの失敗の検証です。

ドアのところまでカーペットを敷き隙間テープを貼り付けたドアを開けてみる。

隙間テープモヘアの毛がしなりスーっとドアがカーペットの上をすべり始め

よし!!

と思った次の瞬間、

隙間テープが剥がれました・・・

Σ( ̄□ ̄;)ガーン

スポンジタイプの隙間テープだとカーペットに引っかかってドアが動きもしなかったのでそれに比べたら隙間テープモヘアは進歩。

でも、私の想像通りにはいかず100均の隙間テープモヘアは粘着力が弱くて毛がしなったあとそのまま引きずられると隙間テープがドア下から剥がれてしまいました。

ちなみに、今回試したカーペットが夏用の5mmの厚さのもの。

冬用のもっと分厚いカーペットだとスポンジ隙間テープと同じでドアが開かない可能性大です。

というわけで、隙間テープモヘアも隙間風対策の効果はあるけど、またしてもカーペットに阻まれドアが開きませんでした・・・

ちなみに、剥がれた隙間テープモヘアをもう一度貼りなおしてカーペットなしでドアの開け閉めをしてたんですがすぐに剥がれちゃうんですよね。

100均の隙間テープだからなのかダイソーの隙間テープモヘアは一度貼って剥がすとテープの粘着力がものすごく弱くなります。

ある意味、ちゃんと剥がして撤去できるので賃貸物件でも使いやすいとはいえますね。

ドア下に隙間テープモヘアを貼ってみたまとめ

スポンジと違いしなりのあるモヘアタイプならドア下に貼ってカーペットがあっても大丈夫かな?

と思ったんですがうまくいきませんでした。

こうなると他にドア下の隙間に貼ってギリギリまでカーペットを敷ける方法が思いつかない・・・

というわけで、

ドア下に隙間テープを貼ったらドアを開けるのに必要なスペースにはカーペットを敷けないというのが現時点での結論です。

戸建てとか家族用マンションのリビングとか部屋が広ければそれでもいいですけど狭い一人暮らしの部屋だと結構痛手です・・・

ドア下の隙間を埋めつつドアギリギリまでカーペットを敷く良い案ご存知の方はぜひコメント欄にご一報ください。

ダイソーの隙間テープの種類についてはこちらもどうぞ

スポンサーリンク

コメントは2件です

  1. Femy より:

    ドアではなく床に貼ったらどうだろう?

    • 千歳 より:

      Femyさん

      コメントありがとうございます^^

      確かに!ドアの下の床に貼れば隙間は埋められますね。
      ドアのギリギリまでカーペットを敷いていれば見た目もそんなに目だたなそうだし、足にひっかかることもないかもしれないですもんね。

      試してみる価値ありかもです!
      ありがとうございます

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報