窓の寒さ対策にニトリ!断熱や冷気を防ぐおすすめグッズ4選 | 干物女やめました
寒さ対策

窓の寒さ対策にニトリ!断熱や冷気を防ぐおすすめグッズ4選


窓の寒さ対策ができるニトリ商品

窓の寒さ対策につかえるニトリ商品を紹介!

断熱シートや冷気ストッパーなど便利なグッズとその特徴をまとめておきます。

ニトリの窓の寒さ対策グッズにはどんなものがあるのか?

同じようなアイテムがダイソーなど100均でも売られているけど、どっちがいいのか?

買い物前の参考にどうぞ。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策のボード

ニトリで買える窓の寒さ対策グッズでボードタイプのものがこちら↓

冷気ストップボードです。

このボードを窓の前に設置することで、窓際からの冷気やすきま風を防いでくれるアイテムです。

窓からくる冷たい空気が下に落ちるコールドドラフトを防ぐ効果があるので、床や足元がキンキンに冷えるのを防いでくれます。

さらに、冷たい空気をブロックするので部屋の温度が下がりにくくなるし、エアコンなどで効率よく部屋を暖められるようになるので暖房代の節約もできます。

私が見たものだと、ニトリの冷気ストップボードのサイズは3種類で、

・幅200×高さ45cm×厚さ8mm 
・幅300×高さ60cm×厚さ8mm 
・幅200×高さ30cm×厚さ8㎜ 

があります。

ポリエチレン素材で柔らかいのでハサミやカッターで切れるので、簡単にサイズ調整ができますよ。

ニトリの冷気ストップボードの柄は白の無地、レンガ柄、雪の結晶がありました。

ニトリの冷気ストップボードの使い方は一言でいうなら

窓の前に置くだけ。

蛇腹に折れば自立するので冷気ストップボードだけで置くことができます。

冷気ストップボードを折らずにまっすぐのまま使いたいなら、窓に立てかけたり、窓の横の壁に立てかけるようにして、両端をカーテンで抑えるという方法もあります。

あと、ニトリの冷気ストップボードはボードに切り込みが入っているので、そこに付属の吸盤を取り付けることができます。

その吸盤を窓にくっつけることで冷気ストップボードを窓ガラスに固定して使うこともできますよ。

もし、窓枠とぴったりの幅に収めたいという時は、両面テープのついた隙間テープをボードの厚み分の隙間を開けて二つ貼って、その隙間に冷気ストップボードを差し込むという方法もあります。

ちなみに、

窓からの冷気を防ぐボードは100均のダイソーにも同じようなものがあるんですが、ニトリのボードと比べると厚みに差があります。

ニトリの冷気ストップボードの方が厚みがあるので冷気をしっかりブロックしてくれますよ。

窓の断熱シート

ニトリの窓の断熱シートは2つあります。

①そのまま貼れる断熱・結露抑制シート

ニトリのそのまま貼れる断熱・結露抑制シートは緩衝材のプチプチの両面にシートがついたようなアイテムです。

ぷちぷちの中と、両面のフィルムとの間に空気の層ができることで窓の断熱をしてくれます。

空気の層があるおかげで屋外からの寒さが部屋に入りにくくなるのと同時に、室内の暖かい空気が外に逃げにくくなります。

窓ガラスの表面の温度が下がるのも防いでくれるので窓の結露を抑える効果もありますよ。

サイズは幅90×高さ180cm、厚さは約4㎜です。

ニトリの窓の断熱シートは透明タイプで、窓に貼っても光が入るので部屋が暗くなりません。

ちょっとぼんやりするけど窓の外の景色も見えます。

ニトリの断熱シートには模様が入っていて、私が見たものだと雲や雪の結晶の柄が入っているものがありました。

以前はネコ柄もあったけど今は見かけないです。

ニトリの断熱シートの使い方はとても簡単で、サイズをあわせてシールのように貼るだけです。

ただ、難点が1つあって、窓によっては使えないことがあります。

ニトリの断熱シートが使えるのは透明版ガラス、すりガラス、型板ガラスの平滑面です。

網入りガラス、複層ガラス、合わせガラスは断熱シートを貼ると割れる可能性があるので使えません。

②断熱パネル

ニトリの断熱パネルも窓に貼って使うアイテムです。

ニトリの断熱パネルは断熱性、吸水性、乾燥性に優れているので寒さ対策、結露対策に効果的。

抗菌、防カビ、消臭加工もされています。

サイズは29×29cm、3枚入りで799円です。

ニトリの断熱パネルはハサミで簡単に切れるのでサイズ調整は簡単にできます。

あと、

ニトリの断熱パネルは裏面が吸着シールみたいになっていて、その吸盤効果で窓に貼り付けます。

貼って剥がして、また貼って、と繰り返し使えるのも良いところです。

ただ、透明ではないので貼ると光が入らなくなるので、窓全面に貼ってしまうと部屋が暗くなります。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策にニトリのカーテン

窓際の寒さ対策ではカーテンも大切なポイントです。

厚手の遮光カーテンや遮熱効果のある断熱カーテンを使うと外からの冷たい空気を遮り、部屋の暖かい空気を逃がしにくくしてくれます。

ちなみに、

私は以前、ニトリのこの遮熱カーテンを使ったことがあります↓

これ、ニトリの遮光1級・遮熱・遮音カーテンなんですが、生地の表面に樹脂コーディングがされているので本当に冷気を通しません!

値段は手頃なのにかなり厚手でしっかりしています。

ただ、生地はゴワゴワと硬くて、イメージとしては魚屋さんがつけるビニールのエプロンみたいな感じがします^^;

なので、見た目の美しさや手触りはちょっと・・・という感じなんですが、寒さ対策という意味では強い味方になりますよ。

ニトリの窓の寒さ対策まとめ

窓の寒さ対策ができるニトリ商品は100均のアイテムに比べるとお値段はやや高めです。

でも、その分しっかり厚みがあったりするので冷気やすきま風を防ぐ効果はニトリの方が高いなと感じます。

まず100均グッズを試してみて、家でちゃんと使えそう、効果がありそうと感じたものはニトリで一段良いものを買うというのも良いと思います。

窓の寒さ対策で使える100均アイテムはこちらにまとめています↓

窓以外の部屋の寒さ対策についてはこちらにまとめているので、あわせて参考にしてみてくださいね↓

(リンク)

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報