オフィスカジュアルでも初日はスーツ?派遣の服装【体験談】 | 干物女やめました
仕事のこと

オフィスカジュアルでも初日はスーツ?派遣の服装【体験談】


オフィスカジュアル初日

派遣でオフィスカジュアルの職場で働くときって初日に何を着ていくかで悩むことがありますよね。

オフィスカジュアルといっても会社によって基準が違うし、オフィスカジュアルの職場が初めてだと「どこまでOKなんだろう?」と悩んだり。

そもそも、派遣初日はやっぱりスーツの方がいいのかな?と思ったり。

そこで、事務やコールセンターなど私が内勤の仕事に派遣された時のオフィスカジュアルの職場の派遣初日の服装について体験談をお話しますね。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルでも初日はスーツ?

オフィスカジュアルの職場ですごく悩むのが初日の服装ですよね。

職場の雰囲気がわからないし、やっぱり最初はきちっとしたスーツの方がいいのかな?とも思ったり。

私は派遣でいろいろな職場を見てきましたが、これは職場によってまちまちでした。

ただ、

いわゆるOLのような事務職の仕事の場合は自分を含めて派遣社員の初出勤の様子を見ていると初日はスーツを着てくるという人が半数以上でした。

まわりの人がスーツを着ている職場の場合は初日はカチッとしたスーツを着ていくのが無難です。

派遣をはじめたばかりの頃は私もよくわからなかったので派遣会社の営業さんに確認をしたことがあるんですが、その時は「初日は一応スーツのがいいですね」と言われました。

で、実際にいくつかの職場で働いてみるとオフィスカジュアルの職場でも初日はスーツの方が確かに安心でした。

というのも、オフィスカジュアルってどこまでOKかの基準が職場によって微妙に違うんですよね。

社会人は第一印象がすごく大事だし、万が一、その会社のオフィスカジュアルに当てはまらない服装をしていると「常識がない」と思われてしまうこともあります。

なので、派遣初日は清潔感があって真面目できちんとした雰囲気になるスーツで行くと相手からの印象もいいし自分も安心できます。

中には「オフィスカジュアルの職場なのにスーツだと堅苦しいかな?」と思うことがあるかもしれません。

でも、最初からカジュアルな服装で行くよりも、きちっとしたスーツから少しずつカジュアルダウンさせていった方が失敗は少ないですよ。

初日に他の派遣社員や女性の社員さんの服装など職場の雰囲気を見てきて、2日目以降からそれにあわせてオフィスカジュアルで出勤するのがおすすめです。

もしオフィスカジュアルの服装で悩むことがあれば初日に聞いてくるようにします。

1日目はオフィスカジュアルの職場で自分だけスーツなので少し浮いてしまうかもしれませんが、それで印象が悪くなるということはありません。

「あの人、今日が初日なんだな」「新人さんだな」と思われるくらいです。

一人だけスーツというのがどうしても気になるという時はカーディガンを持って行って、職場の様子を見てその場で上着だけ着替えるという手もあります。

あと、スーツがリクルートスーツしか無い場合はそれを着ていけば大丈夫です。

リクルートスーツだと雰囲気が硬すぎると感じる時は、インナーを襟のないカットソーにしたり、薄いピンクなどのカラーシャツにするとリクルートスーツ感を和らげることができますよ。

それから、派遣初日にパンツスーツでも特に問題なかったです。

派遣初日の服装がオフィスカジュアルの場合

派遣される職場の中には「初日からオフィスカジュアルで大丈夫です」と言われるようなところもあります。

あと、面接の時など事前に職場を見ることができて「スーツだと硬すぎる」と感じることもありますよね。

オフィスカジュアルの職場で派遣初日から服装自由ってかなり悩むんですが、そういう時は

ジャケットを羽織ったスタイルで行くと安心です。

スーツじゃなくてもジャケットがあるだけできちんとして見えます。

オフィスカジュアルの職場に着ていくジャケットは襟はありでもなしでも大丈夫です。

よりきちんとして見えるのは襟のあるジャケットで、襟ありのほうが使える範囲は広いですね。

オフィスカジュアルの職場でも行ってみたら思ったより雰囲気が硬い職場だったなんてこともあります。

そういう時にジャケットを持っているとサッと羽織れて安心です。

ただ、

もしジャケットを持っていなくて、「ジャケットを着てきてください」など指定がなければわざわざ買わなくても大丈夫です。

そういう時はブラウスにパンツかスカート、カーディガン、ヒールの高すぎないパンプスといったような格好が無難です。

色は黒やグレー、ネイビー、ベージュ、キャメル、白などをベースにすると安心です。

靴はパンプスが基本で、ヒールのないぺたんこ靴やスニーカー、あとヒールが高すぎるハイヒールなんかは様子を見てから履いたほうが失敗がないです。

オフィスカジュアルの夏の初日のポイント

初出勤の日が夏の場合のポイントをいくつか紹介しますね。

【ジャケットは持っていく】

真夏でものすごく暑くてもジャケットは持っていったほうが安心です。

私もうだる暑さの季節に面接や派遣初日ということがあって、スーツのジャケットを着るべきか悩んだことがあります。

で、派遣会社の営業さんに確認したところ「念のためあったほうがいいです」ということで真夏ですがジャケットを持っていきました。

オフィスは冷房がきつめに効いていることもあって会社について数分たつと汗がひいたので、面接や挨拶の時だけジャケットを羽織りましたよ。

【露出は避ける】

夏は本当に暑いのでついつい薄着で風通しの良い服を選びたくなってしまいますよね。

オフィスカジュアルの職場の中にはかなり緩い感じでOKの職場もあるんですが、仕事をするのにふさわしい格好をするのが基本です。

特に事務系の仕事なら「来客対応で差し障りがないか」というのが1つの目安になります。

なので、胸元が大きく開いたトップスやミニスカート、素足などは控えた方がいいです。

【靴はパンプスが基本】

夏は暑くて靴の中も蒸れるので少しでも涼しくて開放感がある靴を履きたいところ。

ですが、やっぱり派遣初日はふつうのパンプスで行くのがいいです。

サンダルやミュールはもちろん、バックストラップやオープントゥの靴は避けた方が無難です。

【冷房対策】

夏のオフィスはかなり冷房がきつめで寒いと感じることもあります。

なので、スーツじゃなくても薄手のジャケットやカーディガンなど羽織れるものを1枚持っていたほうが安心です。

オフィスカジュアルの初日の冬のポイント

次に初出勤の日が冬の場合のポイントをいくつか紹介しますね。

【スーツの中に着こんでも大丈夫】

真冬だとブラウスとジャケットだけじゃ寒いという時もありますよね。

そういう時はジャケットの下にベストやセーター、カーディガンなどを着て行っても大丈夫です。

ブラウスの下にヒートテックの長袖インナーを着てもいいんですが、職場の暖房がきつくて暑い時に脱げないのが難点。

空調を含めて職場の様子がわからないうちは脱いだり着たりして自分で温度調節できる格好のほうが快適に過ごせます。

【ストッキングはベージュ】

冬は寒いのでスカートの場合はストッキングやタイツで防寒対策をしますよね。

で、オフィスカジュアルの場合、たいていの職場では黒のストッキングやタイツを履いても大丈夫です。

ただ、これも本当に職場次第。

なので初日はベージュのストッキングで行くのが無難です。

【ブーツは避ける】

冬もオフィスカジュアルの初出勤では靴はパンプスを選ぶのが無難です。

ブーツOKの職場でも1日中ブーツを履きっぱなしというのは自分が疲れます。

職場にロッカーがあってブーツから他の靴に履きかえられるならいいですが、そうじゃなければブーツは避けた方が自分が楽でいられます。

あと、特に指定がなくてわりとカジュアルでも大丈夫という職場でもニーハイとかムートンのようなブーツは履かないようにします。

【アウターはわりとなんでも大丈夫】

冬の通勤にはコートなどアウターが必須。

スーツならトレンチコートやステンカラーコートなんかが無難です。

ただ、アウターは会社の建物に入る時に脱げばいいのでそれほど他の人の目に入らないです。

なので、派手すぎたりしなければダウンとかでいっても大丈夫なことも多いです。

ロッカーがないとかさ張るのでそこは気をつけたほうがいいですね。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルの初日の派遣の体験談

私が派遣で働いてみてオフィスカジュアルの初日の服装で感じた実際のところがこちらです。

【オフィスカジュアルの基準は派遣先によって違う】

私の場合、内勤の仕事はオフィスの事務系の仕事とコールセンターを経験しました。

どちらの仕事もオフィスカジュアルだったんですが、その基準が全然違うんですよね。

事務系の仕事は派遣先が商社ということもあってかなりきっちりした感じでした。

なので、派遣初日はもちろんスーツ。

特に初日はみんなの前で挨拶をしたり、仕事で関わる人にあいさつ回りをすることもあったのできちんとした格好をしていってよかったと思いました。

2日目以降はブラウスとスカート、カーディガンが基本で、来客対応ができる服装を心がけていました。

一方で、

コールセンターのオフィスカジュアルはかなり緩いです。

私はいくつかのコールセンターで働いたんですが、当たり前ですがコールセンターは外部の人と対面で接する仕事がありません。

なので、オフィスカジュアルといっても本来のオフィスカジュアルの範囲の服装をしている人はあまりいなくてかなりカジュアルでした。

中にはジーンズにスニーカーという人もいたし、そのまま遊びに行けそうな格好の人もいました。

なので、コールセンターの場合は初日もスーツではなく、きれいめな私服で出勤していました。

中には初日にスーツを着てくる派遣さんもいましたけど、コールセンターの場合はそういう人はかなり少数でした。

【おしゃれかどうかより無難かどうか】

これは特に事務系の仕事の場合なんですが、オフィスカジュアルの服選びはおしゃれかどうかより無難かどうかを意識した方が失敗がないです。

職場にもよるんですが周りがみんなスーツのような職場だと本当に「スーツに準ずる格好」という感じが求められたりします。

なので、女性のファッション雑誌にでてくるオフィスカジュアルのコーデをそのまま真似すると失敗することもあります。

例えば素足でパンプスを履くとか、派手な色や柄物、パンツスタイルでシャツを出すとか。

厳しい職場では派遣社員も服装で注意されることがあるので、だらしなく見えない、露出が少ない、派手すぎない、カジュアルすぎないという格好をするのが大切です。

オフィスカジュアルの初日の服装まとめ

オフィスカジュアルの基準は会社によって違うので、派遣初日の格好に迷ったらとりあえずスーツで行くのが無難です。

あと、オフィスカジュアルが初めてで何を選べばいいかわからないという時は派遣会社の担当の営業さんに確認するといいですよ。

スーツを持っていなくて初日のためだけにスーツを買うのはもったいないのでスーツがない時は持っていないと伝えたほうがいいですね。

営業さんは派遣先の企業の雰囲気もわかってるので「初日はスーツで!」とか「スーツがないならこんな感じで」とアドバイスをもらえたりします。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報