オフィスカジュアルは何着いる?揃え方や着回しアイテム選びのコツ | 干物女やめました
仕事のこと

オフィスカジュアルは何着いる?揃え方や着回しアイテム選びのコツ


オフィスカジュアルは何着いる?

オフィスカジュアルの職場が初めてだと最初に服を買わないといけないことがありますよね。

何着もまとめて買うと結構お金がかかってしまって、仕事に着ていくだけなのに嫌だなと思ったり。

でも、毎日同じ服を着ていると思われるのも嫌だなと思ったり。

そこで、私が派遣で働いていた体験談を交えて、オフィスカジュアルの服の揃え方や、オフィスカジュアルで着まわししやすいアイテム選びのコツなどを紹介しますね。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルは何着いる?

オフィスカジュアルの職場に派遣される時って出勤するための洋服を買うところからはじまったりしますよね。

でも、オフィスカジュアルの服って職場にしか着ていかないからそんなにたくさん買いたくないというのが本音。

かといって、毎日同じ服を着ていると思われるのも嫌だし、オフィスカジュアルって何着そろえればいいんだろう?って思ったりしますよね。

で、

オフィスカジュアルの着まわしに何着必要かは自分が何を重視するかや、ライフスタイルによって変わってきます。

例えば、おしゃれな装いをしたくて1週間のうちに同じ服を2回着たくない、となるとかなりの数の服がいりますよね。

最低でも上下それぞれ5着は必要になります。

あと、一人暮らしで忙しくて週末しか洗濯できない、という場合も上下5着ずついりますよね。

ボトムは洗濯なしで週2回くらい着たとしても、シャツやブラウスは5枚必要になります。

一方で、

実家暮らしで毎日洗濯できる人や、一人暮らしだけど仕事の日にも洗濯するという場合はもうちょっと少なめでも大丈夫。

週5勤務なら上下3着ずつとスーツが一着あれば十分足ります。

オフィスカジュアルの揃え方の基本

オフィスカジュアルにもいろいろあるのでおしゃれに揃えようとするといろんなバリエーションがあって初めてのオフィスカジュアルだと何を着るか悩むところ。

でも、オフィスカジュアルの基本としては白のシャツやブラウスにカーディガンなどの羽織もの、下はスカートかパンツというコーディネートになります。

なので週5日働くとしたらまず必要なのは

・シャツかブラウス
・カーディガン
・膝丈スカートかパンツ

オフィスカジュアルの着回しはこれを組み合わせるだけで1週間は十分乗り切れます。

オフィスカジュアルは職場によって基準が違うのでまずはシンプルでベーシックな服を揃えるようにします。

で、働き始めたら職場のまわりの女性の服を見て徐々にアイテムを買い足していくと失敗がありません。

でも、オフィスカジュアルってよっぽどおしゃれな職場じゃなければみんな似たような格好になってきます。

なので、そんなにバリエーションがなくても気になりません。

スポンサーリンク

オフィスカジュアルで着回しできるアイテム選びのポイント

派遣先が変わる時や働きはじめってできるだけ出費を抑えたいということがありますよね。

そこで、なるべく少ない枚数の服で上手に気回しをするために私がしていたオフィスカジュアルの着回しアイテムのコツを紹介しますね。

【オフィスカジュアルはベーシックな色を選ぶ】

オフィスカジュアルの服を買う時はできるだけベーシックな色を選ぶようにします。

インナーは白が基本、それ以外は黒やグレー、ベージュやネイビーなんかが無難です。

ベーシックカラーはそれぞれどの色ともあわせやすいので気回ししやすいです。

あと、ベーシックカラーはあまり印象に残らない色なので「いつも同じ服を着てる」と思われにくいというメリットがあります。

逆に派手な色や柄物は印象に残りやすいのでまわりの人が覚えていることがあります。

オフィスカジュアルの服で色つきの物を選ぶなら淡いパステルカラーがおすすめです。

【オフィスカジュアルのトップスは形で変化をつける】

オフィスカジュアルのトップスは白いシャツが基本です。

男の人が毎日白いワイシャツを着てくるように女性が毎日白シャツでもおかしくありません。

でも、もう少しバリエーションが欲しいという時は形を変えてアレンジします。

例えば同じ白いトップスでもワイシャツ、襟なしブラウス、ボウタイブラウス、長袖カットソーでは印象が全然違います。

この上にカーディガンなどを羽織ることが多いですが、シャツ1枚でも着られるものを選ぶとコーディネート数を増やすことができますよ。

【オフィスカジュアルは羽織もので変化をつける】

ほぼ同じようなスタイルでもカーディガンの色を変えたり、カーディガンをジャケットに替えたりするだけで雰囲気を変えられます。

カーディガンを2着用意するならベージュとネイビーなど違う印象の色を選ぶといつも同じと思われにくいです。

ジャケットはスーツのものを使えば大丈夫。

その他にノーカラージャケットを1枚買い足すと襟付き、襟なしでコーディネートのバリエーションを増やせます。

【オフィスカジュアルのボトムはスーツと違う印象のものを買う】

スカートやパンツもスーツのものをそのまま着まわしに使えます。

その他にスカートとパンツが1着ずつあればそれで3着用意できます。

新しくスカートなどを買い足す時はスーツとは違う印象のものを選ぶといつも同じと思われにくいです。

【オフィスカジュアルの靴は黒パンプスが基本】

オフィスカジュアルの靴は黒いパンプスが1足あればどんな服にもあわせられます。

もう1足買えるならベージュのパンプスを用意するとコーディネートの幅が広がるし、毎日同じ靴を履かずにすみます。

ベージュのパンプスもどんな服にも合わせられるので使いやすいですよ。

【オフィスカジュアルは仕事着と割り切る】

オフィスカジュアルの服をおしゃれにしたいと考えるとかわいいレディースブランドで買い物したり枚数が必要になったりそれなりにお金がかかってきます。

なので、安く済ませたいなら「オフィスカジュアルは通勤服」と割り切ってシンプルで無難なファッションアイテムを選ぶのがポイントです。

オフィスカジュアルの服を私服としても着ようと思うとおしゃれにこだわりたくなるので、完全に仕事着と私服とで分ける感じですね。

そう考えてシンプルコーデのための服を買うならUNIQLOやGU、イオン、イトーヨーカドー、しまむらなんかで買い物すれば手頃でそれなりのものが揃えられます。

基本のオフィスカジュアルならユニクロは強い味方です。

あと、とにかく安く!ということであればニッセンで買うのも手ですよ。

オフィスカジュアルは何着いる?まとめ

オフィスカジュアルはおしゃれにこだわらなければ割と少ない枚数で着まわすことができますよ。

そのためにはシンプルでベーシックなアイテムを選ぶのがコツ!

ただ、同じ色、同じ形のアイテムばかりだと「毎日同じ服」と思われてしまうので、デザインや色でちょっとした変化をつけるのがポイントです。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報