ダイソーのヨガマット、種類を比較、 600円と400円どっちがいい? | 干物女やめました
健康のこと

ダイソーのヨガマット、種類を比較、 600円と400円どっちがいい?


ダイソーヨガマット

ダイソーのヨガマットの値段、サイズ、厚さなど詳細を比較!

600円と400円どっちがいい?など気になる点をレビューとあわせて解説します。

売り場が見つからない、在庫がない、という時にチェックしたいポイントも書いておきますね。

スポンサーリンク

ダイソーのヨガマットの種類

まずはダイソーのヨガマットの種類と特徴を紹介しますね。

現時点で、ダイソーで売られているヨガマットはこの3種類です。

ダイソーヨガマット600円

ダイソーヨガマット600円

サイズ:長さ172cm×横幅61cm

厚さ:6mm

ダイソーヨガマット600円は一般的なヨガマットと変わらないサイズです。

男性女性どちらでも使えるし、ストレッチやヨガ、筋トレなどいろいろな用途で使いやすいです。

同じサイズの一般的なヨガマットだと厚さが8㎜以上あるものが多いので、それと比べるとダイソーのヨガマット600円は厚さが6㎜とやや薄め。

ですが、マットの厚みはしっかりあって使い心地はそれほど変わりません。

ダイソーのヨガマット600円はバンド付なので片づけが楽だし、ストラップを持てば持ち運びにも便利です。

ダイソーのヨガマット600円の口コミでの評判はこちらにまとめています↓

ダイソーヨガマット400円

ダイソーヨガマット400円

サイズ:長さ160cm×横幅48cm

厚さ:3mm

ダイソーヨガマット400円はヨガマットとしては格安の値段なのが特徴。

一般的なヨガマットのサイズが170cm~190cm程度なので、それに比べるとサイズが小さいです。

あと、厚さが3㎜とかなり薄い。

ですが、その分、丸めるととてもコンパクトになり、重さも軽いので、持ち運びはしやすいです。

ダイソーヨガマット400円は使用感が気になるところだと思うので、私が実際に使ってみた感想をこちらにまとめました↓

ダイソーヨガマット折りたたみ

サイズ:長さ173㎝×横幅61㎝

厚さ:4㎜

値段:500円

ダイソーのヨガマットには折りたたみタイプもあります。

ただ、今のところ私は店頭で折りたたみのヨガマットを見つけたことがありません。

ダイソーのオンラインショップでは扱いがあるのでまだ廃盤にはなっていませんが、ロールタイプのヨガマットに比べると店頭では売っていないことが多い気がします。

厚さや値段から見て、600円と400円の間という位置づけの商品になります。

「折りたためる」というのが最大のメリットなので、その点にこだわりがある人にはおすすめ。

ですが、特にそこにこだわらないのであればダイソーのヨガマットは400円か600円の2択になるかなと思います

ダイソーのヨガマットの素材

ダイソーのヨガマットはどれも塩化ビニル樹脂でできています。

そのため、新品の商品を袋から出すと多少においがあり、「ダイソーのヨガマットは臭い」と感じる人もいます。

ただ、ダイソーのヨガマットがゴム臭いのは最初だけで、何日かするとにおいは薄れていくので気にならなくなりますよ。

塩化ビニールという材質なのでダイソーのヨガマットはフローリングにひくと滑りにくくなり、ヨガのポーズや筋トレがしやすくなります。

ダイソーのヨガマットには裏表の区別が特になく、表面には小さな凸凹がついています。

ダイソーのヨガマットの色

ダイソーのヨガマットのカラーは以前は発色のいいビビットカラーで、ライトグリーン、ブルー、パープル、ピンクの4色展開でした。

その後、

ダイソーのヨガマット600円は赤と黒の2色、

ダイソーヨガマット600円

ダイソーのヨガマット400円はくすんだピンクとライトブルーの2色に変わりました。

ダイソーヨガマット

ダイソーのヨガマットのカラーは販売時期によって変わります。

スポンサーリンク

ダイソー ヨガマット 600円 400円

ダイソーのヨガマットを買う時に600円のマットにするか400円のマットにするかで悩み人が多いと思います。

私もその2つで悩みました。

で、私の場合、私が買い物をする時に近所のダイソーでは400円のヨガマットしか売られていなかったのでそちらを購入しました。

実際にダイソーのヨガマットを使ってみて、600円と400円のヨガマットで悩んだら、選ぶポイントはここです↓

【ダイソーのヨガマット600円がおすすめの人】

・しっかりと厚みのあるヨガマットを使いたい
・ヨガマットを広々と使いたい
・本格的なヨガや筋トレ、ちょっと激しい運動の時に使いたい
・身長が160㎝以上ある
・男性
・防音効果を期待したい

100均の中だと600円の商品ってすごく高く感じますが、ヨガマットの相場から考えると600円でこのクオリティーのヨガマットを買えるのはかなり安いです。

少しでも快適にヨガマットを使いたいという時は断然600円のヨガマットです。

個人的には、200円の差だったら600円のヨガマットの方が使い勝手がよく満足感もあると思います。

【ダイソーのヨガマット400円がおすすめの人】

・できるだけ安くヨガマットを買いたい
・寝転がった時に胴体部分がマットに収まれば十分(腕や足はマットの外に出てもいい)
・初心者レベルのヨガ、ストレッチ、筋トレしかしない
・身長が160㎝以下
・小柄な女性
・ヨガマットを外出時に持ち運びたい
・ケースやバンドがなくても気にならない

ダイソーのヨガマット400円は実際に手にとると正直「薄いな」と感じるし、フローリングの固さは伝わってきます。

ただ、このヨガマットでもあるかないかでは大違いです。

身長の高い人や大柄な人だと「ダイソーのヨガマット400円は大きさが足りない」となりますが、小柄な人が軽く体を動かす程度ならこれで十分です。

あと、薄いだけあって丸めると非常にコンパクトだし、ダイソーのヨガマット400円は重さも軽いです。

なので、400円のダイソーのヨガマットは置き場に困らないし、「仕事帰りにヨガ教室による」などヨガマットをバッグに入れて持ち運びたい人には便利です。

ダイソーにヨガマットが売ってないときは

ダイソーのヨガマットは評判がよく人気のアイテムなので、「ダイソーのヨガマットは在庫がない!」という口コミも多くあります。

実際、ダイソーのヨガマットは売り切れると次の入荷までに時間がかかることがあります。

また、ダイソーのヨガマットは店舗によっては取り扱い自体がないこともあるし、ダイソーのヨガマットは取扱店でもヨガマットの中の一部の商品しか扱っていないこともあります。

なので、ダイソーのヨガマットで欲しい商品を店頭で見つけられない時は店員さんに確認してみるのが確実です。

ダイソーのヨガマット売り場の場所や、取り寄せについてはこちらに詳しく書いています↓

ダイソーのヨガマットまとめ

ダイソーのヨガマットは400~600円とダイソー商品の中で見ると割高ですが、一般的なヨガマットに比べるとかなり安いです。

ダイソーのヨガマットは薄い、という声もありますが、私の感想としては使い心地はそれなりによくてコスパの良いアイテムだと感じます。

あと、ヨガマットをダイソーとニトリで悩むこともあると思うんですが、ダイソーのが安いのでまずはこちらから試してみるといいと思います。

これからはじめてヨガや筋トレをする、長く続けるかわからない、という人はダイソーのヨガマットで十分だし、かなり重宝しますよ。

関連記事

ヨガマットを使って自宅でできるおすすめのエクササイズがこちら↓

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報