窓の寒さ対策でカーテンを使うコツ!こうして私は冷気を克服しました | 干物女やめました
生活のこと

窓の寒さ対策でカーテンを使うコツ!こうして私は冷気を克服しました


窓 寒さ対策 カーテン

冬って窓を閉めてるのに冷気が入ってきてものすごく寒いですよね。

エアコンをつけても暖房効果が弱まってしまうし・・・

ということで、窓からの冷気を遮断すべくカーテンで寒さ対策をしました。

私がやってみて効果を感じたカーテンの使い方がこれです。

スポンサーリンク

窓の寒さ対策のカーテン選び

私は東京の一人暮らし用のマンション住まいなので冬は備え付けのエアコンで暖をとるんですけど・・・

まぁとにかく寒いんですよ!

何が寒いって

窓際から流れ込んでくる冷気が寒い!

彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

窓はちゃんと閉めてるのにヒヤッとした冷たい空気が流れてくる。

これじゃいくら暖房しても無駄だな・・・

ということで、窓からの冷気対策をすることにしました。

そこで目をつけたのがカーテン!

カーテンを開けてるか閉めてるかだけで体感温度が全然違いますからね。

それにカーテンなら窓の寒さ対策を賃貸でも自分で簡単にできそうですからね。

ということで、まず寒さ対策に効果的なカーテンを探しました。

部屋の寒さ対策といえば断熱素材が有名じゃないですか。

だから、窓の断熱カーテンってあるのかなぁ?と。

そしたらやっぱりありました。

けど・・・

これってただの遮光カーテンじゃない??

そう、防寒に効果のあるカーテンっていうのは熱を逃しにくく、寒さを入れにくい厚さのしっかりしたカーテンが多い。

それはつまり、光も通しにくい素材のカーテンってことでもあります。

なので、絶対ではないですが

断熱カーテン=遮光カーテン

ってことが多いです。

で、これはまぁ納得ですよね。

厚手のカーテンのほうがそりゃ冷気は通さないだろうと。

でも、問題は昼間です。

さすがに日中に遮光カーテンを閉めてたら部屋は暖かくてもなんか陰気に気分になりますからね。

部屋に明かりを入れるためにはレースのカーテンにするしかないよな、と。

でもレースカーテンってペラッペラじゃないですか。

あの薄いカーテンにした途端、部屋がいっきに冷えるし窓際にいるとめちゃくちゃ寒いんですよね。

そこでレースだけど断熱素材のカーテンってあるのかな?と調べてみると・・・

あった!

窓の寒さ対策でレースカーテンを選ぶときのポイントは生地が厚めのものを選ぶこと!

当然、隙間のあいたスカスカのレースより目が細かく隙間がないタイプのほうがいいです。

あと、見た目気にしないということであればニトリのカーテンに寒さ対策用のものがあります。

断熱・断冷カーテン」というビニール製の簡易カーテンです。

カーテンの上に開いている穴にセットでついてくるS字フックをつけてつっぱり棒なんかにかけて使います。

これをレースのカーテンと窓の間につるすと光は通しつつも冷気は遮断できますよ。

カーテンで寒さ対策をする時の長さは?

カーテンの長さも寒さを防ぐ大事なポイント。

ここでまず知っておきたいのが、冬の窓際が寒くなる原因の「コールドドラフト」という減少。

コールドドラフトというのは冷えた窓ガラスにふれることで室内の暖かい空気が冷やされてまた部屋に流れ込むという現象です。

空気は暖かいと上に、冷たいと下に溜まる性質があるので窓際で冷えた空気は部屋の床に溜まる。

なので、冬の部屋の床は寒く感じるし、窓を閉めているのに冷気が流れ込んでくるように感じるんです。

で、窓の寒さ対策をカーテンでするならこのコールドドラフトを防ぐのが何より効果的!

でもって、そのためにはカーテンの長さが超重要!ってことです。

窓の下のほうに溜まった冷気が部屋に流れ込むのを防ぎたい、ということなので当然、寒さを遮断するなら

カーテンは床につく長さが最適!

ちょっと引きずるくらいの長さでカーテンと床の間に隙間がないほうが効果的です。

正直、カーテンの下の隙間対策ってカーテンを長くするしか解決策ないんじゃないだろうか?

あと、

意外と忘れがちなのがカーテンの横の長さ!

窓際からの冷気はカーテンの両脇からも部屋に流れ込んできます。

カーテンの縦の長さを確保して下から冷気が出ないようにしたならなおさら横から出てきます。

ということで、カーテンの横の長さも窓ぴったりより少し余裕があったほうが窓の寒さ対策には効果があります。

で、横幅があればこんなこともできる

窓 寒さ対策 カーテン

一般的にカーテンレールって二重になっていて内側に厚手のカーテン、外側にレースのカーテンをつけますよね?

で、内側に厚手のカーテンをつけるんですけど、カーテンの横の隙間を塞ぎたいので内側のレールにつけた厚手のカーテンの一番端だけ外側のレールにつけるんです。

そうするとカーテンのサイドがカーブして隙間を減らすことができます。

真ん中から両開きにするカーテンならそれぞれのカーテンの端をこうすればOK。

あと、

カーテン1枚で片側から開け閉めする場合は片方だけカーブさせて開閉する側にはカーテンと壁にマグネットなんかをつけてくっつくようにします。

壁には磁石がつくシートを貼ります。

こういうの

意外と安いです。

シールタイプが多いですが、賃貸で壁に直接貼るのが心配なら養生テープで貼り付けるといいですよ。

あと、カーテンにつけるマグネットは磁石のついたクリップにすると挟むだけなので便利です。

スポンサーリンク

カーテンで寒さを防ぐコツ

防寒にはカーテンを早めに閉める!

冬は日が暮れると寒さが増しますよね。

そのため、夕方になると窓際の冷気がいっきに部屋に流れ込んできます。

なので、窓の寒さ対策をするならカーテンは早めに閉めるのがポイント!

外からの冷気を遮断しつつ部屋の中の暖かさが外に逃げたり、冷たい窓ガラスに触れて冷えるのを防ぎます。

冷気はカーテンの上からも入ってくる!

あと、カーテンそのものではないんですが窓周りの寒さ対策ではカーテンレールも重要です。

カーテンをぴっちり閉めることで下からも横からも出られなくなった冷気は

カーテンの上から出てくる!!

∑(゚ロ゚ノ)ノしぶとい!

そうなんですよ、コールドドラフトはカーテンレールの隙間からも起こるんですよ。

というわけで、カーテンレールを覆うと寒さ対策は完璧。

お金があるならカーテンレールカバーを買っちゃうのが楽です

ただ、なかなかいいお値段。

一応、賃貸のカーテンレールでもつけられます。

ただ、破損がちょっと心配という場合は即席の応急処置としてカーテンレールの上にタオルをのせて隙間を塞ぐだけでも違いますよ

窓 カーテン 寒さ対策

見た目は悪いけど寒さは防げます。

タオルが不安定な時はクリップで留めておくといいですよ。

窓のカーテンでの寒さ対策まとめ

カーテンでする窓の寒さ対策ではできるだけ隙間なく窓をきっちり覆って冷気の通り道を塞ぐのがポイントです。

これだけで体感温度が変わるし、エアコンの暖房の効きもよくなります。

本当にカーテンで寒さが変わりますよ!

ただ、昼間はどうしてもレースのカーテンだけになるので他の窓の寒さ対策と組み合わせるとより暖かく過ごせます。

私が試したその他の窓の寒さ対策はこちら

(リンク)

エアコンで部屋を効果的に暖めたい時はこちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報