台風の日にタクシーがつかまらない!予約できない理由はこれだった | 干物女やめました
仕事のこと

台風の日にタクシーがつかまらない!予約できない理由はこれだった


台風 タクシー つかまらない

台風が来て電車が止まり通勤でタクシー使おうかと思ったらそのタクシーが来ない!?

台風の日ってタクシーは稼ぎ時って思ってたけど違うらしい。

ということで、台風の日にタクシーに乗れないという憂き目にあったその本当の理由がこれでした。

スポンサーリンク

台風の日にタクシーがつかまらない

ある台風の日にどうしても行かなきゃいけない仕事があったんですよ。

で、とりあえず最寄り駅に向かってみたんですけど案の定、電車は止まってる。

バスとか他の交通機関もなくこれはもうタクシー使うしかないかなと。

台風でも仕事に行こうとするジャパニーズビジネスマンが溢れているからタクシーの運転手さんは今日はウハウハに違いない。

と思っていたのに、

目の前の予想外の光景に目を疑う。

タクシー乗り場にタクシーが一台もいないというのはどういうことだ?

Σ(゜ロ゜;)!!

いつも駅前のロータリーにたくさんとまってるのに、なぜ今日に限ってがら空きなんだ!?

それでもタクシー乗り場には長蛇の列。

まずい、どうしよう・・・

あ、歩いてればタクシー拾えるかな?なんて思って少し駅から離れてみたけど流しのタクシーも見当たらない。

(;゚;Д;゚;)アワワワ

台風で電車止まってたらタクシー乗ればいいか♪

なんて安穏と構えていた私の心に急速に不安と焦りの色が広がるのでした・・・

それにしても、

台風で電車が止まってるのになんでタクシーいないんだ?と。

気になって後日調べてみると台風の日にタクシーがつかまらない理由はこの2つが大きいようだ

台風の日は走ってるタクシーが少ない

そう、まさかの、

台風の日は走ってるタクシーの数がいつもより少ないという衝撃の事実!

今の時代、「電車が止まった!稼ぎ時だ!行けー!!」という時代ではないらしい。

稼ぎよりも安全第一。

タクシーも運転に支障がある、危険があると判断されると会社から「安全第一、無理するな!」という指示が出るそうです。

そうは言っても電車が止まれば通勤の足としてタクシーを頼りにする人が増えるのも事実。

そんな中だからこそ稼ぎ時と思っている乗務員さんもおられるようですが、それでも自分とお客さんの安全が優先なのは言うまでもありません。

あと、個人タクシーの場合はもともと車の数が少ないし、その車が台風の被害を受けて故障したら営業できなくなっていまう。

ということで、早い段階で店じまいしちゃうドライバーさんも多いんだとか。

それと、台風の日にタクシーの数が減っちゃう理由がもう1つある。

それが、

そもそもドライバーさんが営業所にたどり着けない

タクシーの運転手さんは会社の営業所まで電車か自家用車で出勤するわけですが、あまりに台風がひどいと営業所までたどり着けないというね。

当然、ドライバーがいなければ車が何台あっても動かせないというわけです。

台風の日は道が渋滞している

もともと走ってるタクシーの数がいつもより少ないという状況に追い討ちをかけるのが台風の日の道路の混雑。

ふだんは電車で移動する人も台風の日は車移動にかえる人が増えるので道路に車が増えて渋滞が起こることもあります。

そうすると、タクシーの場合なかなか目的地に到着できないので一人のお客さんを運ぶのにいつも以上に時間がかかってしまう。

となれば、自然と乗せられるお客さんの数が減ってきちゃいますよね。

あと、勤務時間が終わって営業所に帰るタクシーが渋滞で戻れないということもあるそう。

そうすると、次のドライバーさんに車を引き継げないのでやっぱり乗車できるタクシーの数が減ってしまうというわけです。

台風なのにタクシーが予約できない

こうなることを見越して台風の前日にタクシーを予約しちゃおう!と考える人もいると思うんですよ。

でもね、

台風の日ってタクシーの予約ができないこともあるから要注意なんですよ。

まぁわかりやすい理由としてはさっき書いた通り、台風の日はタクシーの数が少ないからです。

ただでさえタクシーの数が少ないので予約の配車に回せる車がないと。

でも、台風の日にタクシーが予約できない理由は他にもあります。

台風の日はタクシー会社が予約を受けない

実は、台風の影響が出るってわかってる日はそもそもタクシーの予約を受けつかない会社もあるんです。

というのも、

台風で天気が荒れる日は予約どおりの時間に配車ができない可能性があります。

タクシー会社では予約が確実に受けられないという状況だと予約を受けないのがふつうです。

予約を受けたのに配車できなければクレームになるのは当然なんですが、これ、最悪の場合

新幹線に乗り遅れたじゃないか!

飛行機に乗り遅れたじゃないか!

大事な商談に遅れたじゃないか!

とかとか、損害賠償とか請求されちゃうこともあるそう。

そんな状況を避けるために悪天候など通常通りの運転ができない日ははじめから予約を受けないというタクシー会社も多いそうです。

タクシーの運転手さんは予約が嫌い

あとですね、これは台風とは関係ないんですけど、そもそも

タクシーの運転手さんって予約が嫌いなんです。

なぜかというと、

タクシーの予約があるとその時間に合わせて会社は乗務員さんと車を確保する必要があります。

予約のお客さんの対応することになったドライバーさんは予約時間に間に合うように準備しておかなければいけません。

それはつまり、

そのドライバーさんは予約の配車時間のだいぶ前から他のお客さんを乗せられないってことです。

もし前に乗せたお客さんが遠方に向かう人で、予約のお客さんの配車場所と逆方向だったら・・・

(´Д`;)オワタ

お客さんを乗せられない時間が長くなればその分ドライバーさんはただ働きになってしまいます。

なので、タクシーの運転手さんは実はあまり予約を受けたがらないんです。

だから、予約料金や配車料金などをつけたり、長距離のお客さんは予約がとりやすかったりということがあるんですね。

スポンサーリンク

台風の日にタクシーを利用するなら

そんなわけで、じゃあ、いざ台風の日にタクシーを利用しなければいけなくなったらどうすればいいのか。

というと

まずは当日にタクシー会社に配車を頼むこと。

なるべく車の数が多くありそうな大手のタクシー会社から当たった方がいいです。

あと、電話だと即断られることもあるので、そんな時はタクシーの予約アプリを使うと便利です。

直接人とやりとりしなくてすむのでストレスも少ないです。

それから、配車アプリを使うなら今なら

ウーバーも試す価値あり!

UBERは自家用車でやってる個人タクシーみたいなものなので移動手段としてはタクシーと全然変わらないです。

場合によってはタクシーよりずっと良い車が来たり、丁寧な接客をしてくれるドライバーさんもいます。

ウーバーなら支払いもアプリ経由なので乗車時の現金のやりとりもなくてさらにストレスなし。

タクシーの配車アプリもウーバーのアプリも使い方は似たようなものです。

でも台風で急いでいる時にいきなりだと焦るので事前にスマホにインストールして使い方を試しておくといいですよ。

で、

もし今あなたが駅にいるなら

こういう作業をタクシー乗り場の列に並びながらやります

台風でタクシーがこない時は配車依頼してもなかなかこないこともありますからね。

台風の日のタクシーまとめ

台風でもタクシーで行けば大丈夫、とたかをくくっていると慌てることもあります。

ちなみに台風の駅で途方に暮れたかつての私はどうしたかというと・・・

流しのタクシーが見つからず、駅に戻りタクシー乗り場の長蛇の列に並びました。

が、一人あたふたしている間に電車が動き出し、結局、電車で行きましたとさ。

タクシーの待ち時間よりも電車のが早かったという・・・

台風の中、どうしても出勤しなければいけないという時はとにかく早め早めに行動することが何よりです。

あっ、ちなみに、台風で電車止まった時にタクシー使っても交通費がでるのか?心配な方はこちらもどうぞ

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報