ハッカ油スプレーは薬局に売ってる?売り場は?購入時の注意点 | 干物女やめました
虫の対策

ハッカ油スプレーは薬局に売ってる?売り場は?購入時の注意点


ハッカ油スプレー薬局

ハッカ油スプレーは薬局に売ってるのか?

実は使い方によって買えるものが違ってくるので、薬局にあるハッカ油スプレーの違いを説明しますね。

いろいろな用途に使えて、天然成分で安心と人気のハッカ油ですが、選び方や使い方には気を付けなければいけないことがあります。

はじめてハッカ油を使うなら、失敗しないようにしっかりチェックしてから買いに行ってくださいね♪

スポンサーリンク

PICK UP【保存版】ハッカ油の使い方や注意点、失敗しないための基本まとめ

ハッカ油スプレーは薬局に売ってる?

ハッカ油スプレーは薬局で買えるのか?というと、買える買えないでいうなら

ハッカ油スプレーは薬局でも買えることがあります。
「買えることがある」というのが気になると思うんですが、

これはハッカ油を何に使うのか、どういう風に使いたいのかによって必要なハッカ油が変わってくるからなんです。

薬局やドラッグストアで売られている可能性のあるハッカ油スプレーはいくつかあるので、次で詳しく説明しますね。

ハッカ油スプレーで薬局に売ってるもの

薬局で売られている可能性のハッカ油スプレーはいくつかあります。

ハッカ油の原液のスプレータイプ

まず、「ハッカ油がスプレーになったもの」というタイプの商品でいうなら、このあたりの商品を見かけることがあります↓

●北見ハッカ通商 北のかおり

●ハッカ専門店ペパーミント商会

●中島のハッカ油

これらはハッカ油がスプレーボトルに入った商品で、まさに「ハッカ油スプレー」です。

が!

このボトルの中身はハッカ油の原液です。

ハッカ油の原液は刺激がとても強く、肌荒れなどを起こしてしまうことがあります。

なので、ハッカ油スプレーを虫よけに使いたい場合、そのまま肌にスプレーするにはこれらの商品は向きません。

網戸なんかにふきかけるにしても風に舞って目や鼻の粘膜にハッカ油がつくと危ない・・・

ハッカ油の中には食品添加物として水に溶かして口臭予防するといったような使い方もあるし、人によって多少は違いはあるけれど、

私は心配なので市販のハッカ油スプレーを肌や網戸に直接かけることはしないです。

ハッカ油の刺激についてはこちらにまとめています↓

ハッカが含まれた虫よけスプレー

次に、ハッカの成分が含まれた虫よけスプレーが売られていることがあります。

例えば

●パーフェクトポーション

●森の肌守り

こういった商品は天然成分のみで作られていて、香りで虫を寄せ付けないタイプの虫よけになります。

なので、これはそのまま肌にスプレーしても大丈夫です。

肌が敏感だったり弱い人、子どもに虫よけとして使うならこういったアイテムのが安心です。

ハッカの香りを前面に出したものもあれば、ハッカやミントを含め虫が嫌う香りがするハーブを混ぜたものもあります。

こういう虫よけは薬局処理もロフトとか東急ハンズとか、そういうお店の方が見つけやすいです。

衣類用のハッカ油スプレー

ハッカ油の使い道は虫よけが人気ですが、はっか油には冷感で涼をとるための商品もあります。

たとえば衣類の内側にスプレーすることでスーッとした冷たさを感じられるこういったスプレー↓

こういう衣類用のハッカの冷感スプレーもロフトやハンズみたいな雑貨店の方が見つけやすいですが、ドラッグストアでも売られていることがあります。

ハッカ油スプレーを手作りするならこれ

あと、もしハッカ油スプレーを自分で手作りするということであれば、スプレータイプのハッカ油にこだわる必要はありません。

薬局やドラッグストアで一番売られているハッカ油は原液が瓶に入ったものです。

薬局ではたいてい健栄製薬のハッカ油が売られています↓

あと、マツキヨだとマツキヨのプライベートブランドのハッカ油が売られていることもあります。

このハッカ油の原液を水や無水エタノールなんかと混ぜてスプレーにすればハッカ油スプレーになります。

虫よけや冷感スプレー、掃除などいろいろなことに使えるので、たくさん使いたい人はハッカ油の原液を買うのがお得です。

ハッカ油スプレーの手作りについてはこちらも参考にどうぞ↓

ハッカ油スプレーのエタノールなしの作り方を試してみた!

スポンサーリンク

ハッカ油スプレーの薬局での売り場は?

こんな感じで、ハッカ油スプレーは色々売られているので、商品によって売り場が変わってきます。

ただ、薄荷油は虫よけやひんやり感を楽しむ夏の季節商品です。

なので、まずは季節の商品が集まる売り場を探してみるといいですね。

虫よけコーナー、ひんやりグッズのコーナー、あとはレジ横に並んでいることもあります。

その他に、瓶に入ったハッカ油の原液は通年で売られていることもあります。

その場合は局方医コーナーといって、精製水や無水エタノール、グリセリンなどが置かれているコーナーにあることが多いです。

包帯や絆創膏の近くに置かれていることもあります。

薬局のハッカ油スプレーまとめ

ハッカ油スプレーは薬局やドラッグストアでも買えることがありますが、使い方によってはそのままスプレーできない場合もあります。

市販のハッカ油スプレーは基本的にはハッカ油の原液がスプレーボトルに入っているだけなので、そのまま肌にかけて虫よけにはできないことが多いです。

なので、自分がどういう風にハッカ油を使いたいのか、そのためにはどのタイプのハッカ油が必要なのかを確認してから買い物に行った方が失敗がないですよ。

ハッカ油の基本についてはこちらにまとめているのであわせて参考にしてみてくださいね↓

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報