箱根駅伝の大手町での観戦、復路ゴールの混雑がやばい【画像】 | 干物女やめました
お出かけのこと

箱根駅伝の大手町での観戦、復路ゴールの混雑がやばい【画像】


箱根駅伝の大手町観戦

箱根駅伝の観戦スポットはいろいろありますが、中でも人気が高く、一度は観戦してみたいと思うのが復路のゴールとなる大手町。

箱根駅伝の最後のゴールで総合優勝が見届けられる場所とあって復路の大手町には毎年たくさんの人が観戦にやってきます。

つまり、大混雑する!!ということです。

なのでゴールの時間にあわせてなんとなく大手町に行くという感じだと200%の確立で失敗します。

えぇ、失敗したのはかつての私です。

というわけで、箱根駅伝のゴールの大手町の写真といっしょに、私が感じた大手町に初観戦にしに行く前に知っておきたいことがをまとめておきますね。

スポンサーリンク

PICK UP

▼箱根駅伝の観戦に必要な情報まとめ▼
箱根駅伝の応援に行く!観戦ポイントや見どころ、ルールをチェック

箱根駅伝の大手町ゴールの場所と通過時間

総距離217.1Km、10区間の長い長い箱根駅伝のコースの最後のゴールになる大手町。

大手町は往路と復路をあわせた箱根駅伝の総合優勝を決める選手が走り込む瞬間を見られるのはもちろん、10位以内を争う見応えのあるシード権争いを楽しめるスポットです。

そんな復路のゴールが設置されるのは大手町の読売新聞社前、大手町ビルとの間の道です。

箱根駅伝 ゴール 場所

箱根駅伝はスタートも大手町ですが、スタートとゴールは設置される道が1本違うので気をつけてくださいね。

最寄り駅は地下鉄の大手町駅。

箱根駅伝の大手町

丸の内線、東西線、千代田線、半蔵門線、三田線が乗り入れてます。

大手町は地下鉄が5路線も走ってるのでアクセスはすごく便利なんですが、その分、駅の中が広くて迷路のように入り組んでます。

大手町の地下に慣れてない人や一番遠いホームから向かう人は目的の出口まで行くのにかなり時間がかかることもあるので余裕を持って出かけたほうがいいです。

箱根駅伝のゴールに近い地上出口はE1、E2出口です。

箱根駅伝の大手町

ただ、ゴール時間が近づいて地上の道路が混雑してくるとE1、E2出口は警備員さんが立って封鎖されてしまいます。

箱根駅伝の大手町

JRで行く場合、大手町は東京駅から歩いて10分ほどです。

トップの選手が大手町でゴールする時間は13:20~30頃です。

ただ、この時間にあわせて大手町に行くのでは遅すぎます。

箱根駅伝の復路ゴールの混雑状況については後ほど詳しく書きますが、ものすごい人出になるので最低でも12時半には着くように出かけることをおすすめします。

正直、それでも遅いかも・・・

箱根駅伝のゴール付近の観戦で楽しめるもの

大手町のゴール付近にはランナーのゴール以外にも楽しみがいろいろあります。

●優勝校のプレートと記念碑

まず、箱根駅伝のゴールになっている読売新聞社前には歴代の優勝校の名前の入ったプレートと箱根駅伝の記念碑があります。

これは一年中設置されてるので箱根駅伝の日じゃなくても見られますが、ふだん大手町に行く機会がないなら一度は見ておきたい有名なやつです。

●選手のオーダー表や紹介パネル

一方、箱根駅伝の当日しか見られないものといえば当日発表される選手のオーダー表や、出場校の紹介パネル。

あと、出場する大学がそれぞれ独自に作っているスポーツ新聞ようなものがあって、ゴール付近で無料で配られてます。

●大型スクリーンとオフィシャルグッズ売り場

箱根駅伝のゴール付近では東京サンケイビル前の広場もにぎわってます。

地下鉄のE1出口を出たところでゴール地点からすぐの場所です。

ここには大型スクリーンが2つあって箱根駅伝の中継を見ることができます。

どちらも試合後の写真ですが、こんな感じで見られます↓

箱根駅伝大手町観戦

箱根駅伝大手町観戦

その近くに特設の箱根駅伝グッズの売り場もできるのでTシャツやタオル、ストラップなどオフィシャルグッズの買い物もできますよ。

箱根駅伝大手町観戦

これも試合後によった時の写真なので商品がほとんどありません><

人気の大学のグッズはどんどん売れていきます。

箱根駅伝大手町観戦

買えるグッズや値段はこんな感じ↓

箱根駅伝グッズ

あと、ちょっとした軽食が買えるテントも出ます↓

箱根駅伝大手町観戦

東京サンケイビル前の広場もトップの選手がゴールする時間が近づくと人がどんどん増えるので途中から入場規制が行われます。

ゴール付近ではトップの選手が近づいてくるにつれてそのエリア一帯で盛り上がりが増していきます。

というのも、先頭を走るランナーがゴールする時刻を予想して「あと20分」「あと15分」といったアナウンスがあります。

「トップの○○大学が馬場先門を通過しました」とアナウンスがあるといよいよ感に包まれて会場のあちこちから「おぉ~!!」という歓声があがります。

そして、ゴールまであと数分という時間になると10区のランナーをゴールで迎えるために出場校の選手や監督がゴール地点に入ってきます。

なので場所によっては選手や監督がすぐ横を通ったりしますよ。

箱根駅伝の復路ゴールの大手町の混雑状況

そんなわけで、箱根駅伝ゴールの日は楽しみの多い大手町なんですが、そういう場所だからこそ混雑がものすごいんですよ。

はい、生半可な気持ちで参戦すると心が折れる大大大混雑です。

(;・`д・́)...ゴクリ

初めて箱根駅伝の観戦を大手町でしようという人はゴール予想時刻の1時間前の12時半頃に大手町に来る人が多いです。

12時半といえば会場ではゴールに「東京箱根間往復大学駅伝競走」と書かれた横断幕が設置されたり、テレビ中継のリハーサルが始まる時間。

なんですが!

大手町のゴールで箱根駅伝を観戦したい場合、12時半の到着では遅すぎます。

地下鉄のE1出口を出たゴール地点にはこの時間にはもうすでに5重、6重の人垣ができています。

箱根駅伝の大手町

これだけ人が並んでいると見えるのは前の人の頭だけ。

最低でも3列目くらいに入ってないと走ってくる選手の姿は見えません。

そこにゴール時間が近づくにつれてさらに人が押し寄せるのでゴール周辺の道路はものすごい混雑です。

どれくらいの混雑かというと、電車が遅延や運休して入場規制をしてる時の通勤ラッシュの駅のホームみたいなイメージ。

箱根駅伝の大手町

先頭を走る選手がゴールする30分前の13時ごろになるとゴール地点は5重どころから10重くらいあるんじゃないかという人だかり。

大手町でスペースがあるのは選手が走るコース上だけです。

箱根駅伝の大手町

そんなわけで、ゴール付近の人垣の後ろの方にいてもコースの様子は何も見えないので大きな歓声が上がったことで「あっゴールしたんだな」ってわかります。

この状態だと監督が高く舞う胴上げすら見えません・・・

_l ̄l○lll ガクッ

ただ、総合優勝や2位、3位の選手のゴールを見届けると帰る人もでてきます。

するとちょっとずつスペースができるのでうまくすれば最後の方の選手がゴールするところは見られるかもしれません。

そんなわけで、12時半に大手町に着くと早々に「ゴール付近で見るのは無理だ」と悟りゴールはあきらめて「もう少し空いてるところに移動しよう!」と思うんですがこれがまた一苦労。

箱根駅伝のゴールの日は周辺の歩道は道の真ん中でテープで半分に区切られて車道側が応援エリア、建物側が通路エリアになります。

箱根駅伝の大手町

でも、実際には建物側でも立ち止まって観戦に備えてる人もいたりするし、建物側のスペースでは各校の応援団がパフォーマンスをしてたりもします。

なので、歩くスペースは人が一人歩けるくらいの幅しかない!?なんてことも・・・

人が多すぎてすれ違えないので一方通行になります。

そんなわけで、ちょっとの距離を移動するにもものすごく時間がかかります。

それも考えて箱根駅伝の復路ゴール観戦の大手町では早め早めに行動するのがおすすめです。

箱根駅伝の復路ゴールの大手町の場所取り

こんな状況なので箱根駅伝の大手町のゴール地点で観戦するには場所取りが必要です。

じゃあ、大手町のゴール地点にいる人は一体何時から場所取りをしているのか?というとたいていみんな朝の7時頃にはポジションについてます。

1~2列目のベストポジションで見たい人は早い人だと朝6時ごろから来てるなんていうつわものも・・・

ちょうど箱根の芦ノ湖では6区のランナーが準備に向かう頃です。

はい、選手と同じだけの気合の入り方です。

で、場所取りする場合はその時間からゴールの時間まで、基本はずっとその場にいることになります。

シートを敷いたりテープだけ貼っておいて後から戻ってくるというのはできません。

でも、ゴールまでかれこれ6時間以上かかりますからね。

途中でトイレに行きたくなったりもします。

でも荷物だけ残してその場を離れるのはちょっと心配、人がいないとずらされちゃう可能性もありますからね。

なので、できれば場所取りは2人以上でして交代でトイレに行った方がいいです。

あと、混雑のところで書きましたが1時間前にはすでに5重くらいの人垣ができます。

その時間に前列から抜けると元の場所に戻れなくなります。

なので、トイレは早めに行って後はゴールが終わるまで我慢!

大手町ゴール地点の場所取りはかなり体力勝負、「本気」と書いて「マジ」と読むレベルの気合と根性が必要です。

箱根駅伝を大手町で観戦する時の服装

で、朝から場所取りする人はもちろんですが、12時半からゴールまでの1時間待つだけでもかなり体が冷えます。

お正月の東京の平均気温は5℃前後で日陰と風の影響があるとたった1時間でも寒いを通り越して凍えます。

なので、箱根駅伝の観戦に行くなら防寒対策は必須!

箱根駅伝の観戦は場所取りのために早く来て屋外にいる時間が長い人ほど重装備で来てます。

もちろん、ふつうのおしゃれな格好で来てる人もたくさんいますけ、「あの人の格好ないわ~」って白い目で見られることはないです。

おしゃれな格好でいって雰囲気だけ味わって帰るならいいですが、1時間以上ずっと外にいると「もっと防寒対策してくれば良かった・・・」って絶対思いますよ。

失敗しない箱根駅伝の観戦の服装については私の体験談をまじえてこちらに詳しく書いています↓

箱根駅伝の観戦の服装はこれ!場所取りする時の必須アイテム

スポンサーリンク

箱根駅伝を大手町で観戦する時の持ち物

箱根駅伝の観戦では応援する時間よりも選手が走ってくるのを待っている時間のが長いことが多いです。

そのため、寒い真冬の屋外での待ち時間を快適に過ごしたり、待っている間のレース状況を確認するアイテムなどが必要になります。

ざっと上げると、箱根駅伝の観戦で用意したほうがいいのは

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと思い立ちました。

生活のことや趣味のこと、仕事や旅行のことなど私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いています。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報