退職のお菓子の予算は?どこまで配る?上司は別?【派遣の体験談】 | 干物女やめました
仕事のこと

退職のお菓子の予算は?どこまで配る?上司は別?【派遣の体験談】


退職のお菓子

派遣社員の場合、派遣先の職場を退職する時のお菓子は「自己判断」ということが多いので、退職のお菓子を配らない人も多いです。

でも、社員さんと仲良くなったり、すごくお世話になった職場にはお礼の気持ちを込めて派遣でもちょっとしたものを持っていきたいと思うこともありますよね。

そこで悩むのが退職のお菓子にかける予算や、どこまで配るのか?ということ。

あまり値段が高いお菓子だと出費が多くて自分が大変、かといって、職場のみんなに行き渡らないと気まずい気もしたり。

そこで今回は退職のお菓子の予算や、お菓子を配る範囲について、私が派遣で働いていた時の経験をまじえて紹介しますね。

スポンサーリンク

PICK UP

▼退職のお菓子のよくある悩みを解決!▼
退職のお菓子は持っていかないと非常識?マナーと私の体験談まとめ

退職のお菓子の予算は?

退職のお菓子の予算にいくらかけるかは配る人の数によっても変わってきます。

そのため、絶対この値段!というのはないんですが、平均してみると3,000円前後ということが多いです。

特に派遣の場合は多くて3,000円という感じで、それ以下に収まるように用意する人が多いです。

20~30人に配るならだいたい一人当たり100円くらいと考えると3,000円になります。

それより大人数の場合は一人当たりの単価を下げられるお菓子を選ぶようにして調整します。

また、お菓子を渡す人数が少ないなら300円×人数分(5人なら1500円くらい)の菓子折りを用意したりということもあります。

全員には配らず、すごく仲良くなった人や特にお世話になった人にだけ300円前後くらいのお菓子を個別で渡したりということもありますね。

このように、渡す人数やシチュエーションによって退職のお菓子の予算は多少変わります。

ただ、どの場合でもいえるのは、そんなに高価なものを用意する必要はないということです。

退職の時に持っていくお菓子はあくまで「感謝の気持ち」なので、無理せず1人で支払える金額を予算にするのが基本です。

特に派遣の場合は時給で働いているので3,000円の出費でも痛手と感じることがありますよね。

それに、あまりに高価すぎるものだと相手に気を使わせてしまうことがあります。

なので、退職のお菓子は多くても3,000円くらいまでが妥当な金額です。

退職のお菓子はどこまで配る?

退職時に配るお菓子の予算に大きく関わってくるのが「どこまで配るのか」ということ。

もし小さな職場で全体で20人くらいならみんなに行き渡るようにするのがいいです。

人数分の個包装のお菓子が入った詰め合わせなんかでも2000~3000円で買えるので。

一方で、あまりに大人数の職場だとちょっとしたお菓子でもものすごい金額になってしまうこともあります。

そういった職場でも正社員の人だと全員分のお菓子を用意したりする人もいます。

でも、派遣の場合はそこまでしなくて大丈夫です。

派遣なら大人数の退職のお菓子を配る範囲は「いっしょに仕事をした人」というのが1つの目安になります。

同じ部署や課の人、特にお世話になった人や直属の上司などです。

例えば、私が営業補佐の事務職をした時はフロア自体には50人近く人がいましたが、いつもいっしょに仕事する人が決まっていました。

なので、同じ課のいっしょに仕事をした10人くらいにだけお菓子を配るようにしました。

また、大規模なコールセンターのような職場では全体に退職のお菓子を配るということはしませんでした。

ただ、すごくよくしてくれた担当の上司や仲良くなった人には個別でちょっとしたお菓子や、付箋やボールペンなど仕事で使える小物をプレゼントしたことがあります。

派遣の場合は特にですが、他の部署や休憩室で顔をあわせるくらいの人には退職の挨拶だけでも十分です。

もし他の部署でも仕事上でものすごくお世話になった人がいた場合はやっぱり個別でちょっとしたお菓子を用意するというのがいいですね。

派遣社員の場合、退職のお菓子はとにかく無理しないというのが基本です。

前回の記事で書きましたが、退職のお菓子がなかったからといって悪印象やクレームになることはまずないです。

派遣の退職でお菓子は必要?3ヶ月で退職なら配らない?【体験談】

スポンサーリンク

退職のお菓子は上司は別にする?

正社員の人が退職する場合、上司へのお菓子は他の人とは別にしてちょっと良いものを用意するという人もいます。

それは「入社以来ずっとお世話になってきた」とか「大変な時にものすごくフォローしてもらった」とか、やはり感謝の気持ちの現われだと感じます。

あとはその会社の風習とか。

でも、派遣の場合はそこまでする必要はありません。

そもそも派遣の場合、退職のお菓子じたいがあってもなくてもいい、という感じなので上司にもみんなと同じお菓子を用意すればそれで十分です。

ただ、これも人それぞれなので、「この人にはものすごくお世話になった」と感じる上司がいれば派遣でも上司への退職の挨拶のお菓子を個別に用意する人もいます。

こういう人は「何年も同じ職場で働いていた」とか、かなり稀だと思います。

退職のお菓子の予算まとめ

派遣が退職のお菓子を用意する場合、予算は多くても3,000円くらいまでというのが自分にも相手にも負担にならない金額です。

手頃だけど高く見えるお菓子や、安いけど喜ばれるお菓子というのも探すと結構あります。

私があげて喜ばれたものや、退職する人が配っていて嬉しかったものをこちらにまとめたのでよかったら参考にしてみくださいね↓

安いけど見栄えがいい退職のお菓子のおすすめ8選!

あと、退職のお菓子を渡す時に悩む配る順番やタイミングについてはこちらにまとめました↓

退職のお菓子をくばるタイミングは?いつ渡す?【派遣の体験談】

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

ブログ内検索
自己紹介

千歳(ちとせ)です。

東京でおひとりさまライフを楽しむ独女です。

長いこと干物女をやってきたんですが、毎日を楽しむ活き活きとしたきれいなお姉さんになりたいなぁと一念発起。

生活や仕事のこと、趣味や旅行のことなど、日々の暮らしを楽しむために私が気になって自分なりに調べたり、体験・実践してみたことを書いているブログです。

詳しいプロフィールはこちら⇒

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

話題の記事
最近の投稿
カテゴリー
気になる話題
メタ情報